風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『三月のライオン』

2011年2月28日(月)
『三月のライオン』
c0107704_19514073.jpg
この『風見論』というブログには約20人のユニークユーザーがいる。毎日平均して20人がこの僕のブログを訪れているというわけだ。”20人”という数字は少ないような多いような。何千何万というアクセスがある芸能人のブログなどから比べれば圧倒的に少ないが、僕が日常生活で実際に関わる人数を考えれば、けっこうな数字である。「毎日、全国の中の20人は僕のことを気にしてくれている」ということであり、素直に嬉しく思う。

今日は久々の休みで、午後まで爆睡し、夕方から東中野の病院で薬をもらう。昔から仲がよく、親身になって僕のことを気に懸けてくれた薬局のおばさんと2年振りに再会し、田舎に戻っていたことや新しい仕事に就いたことなどを報告する。他の客をそっちのけで僕の来店を喜んでくれて「いまの風見さんは、すっごくいい顔している。おばちゃん、安心した」と言ってくれた。このおばさんは僕がアルコール依存症と深い鬱病でボロボロになっていた数年の時期をずっと見ているので、僕がきちんと自立して働いていることがよほど嬉しかったのだろう、・・・涙ぐんでいた。

DVD『三月のライオン』(監督:矢崎仁司)を鑑賞。
見事なロケハンで探し出した空虚な東京を舞台に、兄と妹の愛という近親相姦の物語を独創的な詩的イメージで描いたとてもポエジーな映像詩。、線路上に建つ取り壊し寸前の廃墟空っぽでモダンな部屋の真ん中においてある冷蔵庫、並ぶ電話ボックス。クーラーボックスとポラロイド手に兄を愛すアイス。ベルモンド風のスーツとサングラスでバイクを走らせる記憶喪失の兄。矢崎監督の詩的なイメージの連続に”圧倒的な映画の才能”を感じる一方で、決定的な”映画として面白くなさ”も感じた。

簡単に言ってしまうと「ものすごく退屈作品」のだ。誰の真似でもない矢崎監督の美しいイメージの連続を観れば、その映画としての芸術性の高さは文句のつけようがないのではあるが(趙方豪が初めてバイク乗った時に、カメラが右に傾きだし、ギターの曲が流れ出すカットは常軌を逸して息を呑むほど「美しい」)、しかし、派手な物語展開がなく1時間半その矢崎芸術につき合わされると、観ているほうは退屈で、眠くなるのだ。

この伝説的な傑作と呼ばれている『三月のライオン』に、タルコフスキーのような「圧倒的な芸術性と圧倒的な退屈さ」を感じた。芸術と退屈。その退屈さを克服するためには?・・・。そこで重要になってくるのが「映画における物語とは何か?」という大問題である。

その大問題についての考察は、また次回に。


c0107704_20515636.jpg『三月のライオン』(1992年/日本)
監督:矢崎仁司   ★★★
[PR]
by akazami | 2011-02-28 20:54 | 映画

負けてたまるか

2011年2月23日(水)
負けてたまるか
c0107704_2331451.jpg
今は2011年の2月。
みんなはどこで、どのような生活で、毎日をどう過しているのだろう?
僕は働いている。
毎日必死に働いている。
そう、働いている。

今はうまく文章を書くことができない。
余裕がない。
まったく、ない。

負けてたまるか。
[PR]
by akazami | 2011-02-23 23:54 | 日々のこと

androp

2011年2月14日(月)
androp
c0107704_154774.jpg
毎日チェックしているアート系ポータルサイトで謎に包まれるプロフィールながら、圧倒的な支持を集めているロックバンドのレビューを読み、その彼らの動画見てみるこれが抜群にカッコよく、僕は久々に音楽にしびれた。
androp。バレンタインデーにこのストイックなバンドを覚えて、今夜は寝よう。



[PR]
by akazami | 2011-02-15 02:05 | 音楽

素敵なCM001

2011年2月11日(金)
素敵なCM001
001
c0107704_2505619.jpg

大好きだったKDDIのCMシリーズ。
浅野、永瀬、豊川。3人映画俳優を起用したこの時期のKDDIのCMはいずれも傑作揃い。


KDDI - au 浅野忠信 「愛が全てじゃないでしょ」篇
http://www.youtube.com/watch?v=M9GXhHCFPZ0&feature=related

KDDI - 永瀬正敏 「マラソン誘導編」
http://www.youtube.com/watch?v=W7OvVtL5YuI

KDDI - 豊川悦司 柳ユーレイ 「止まらんと・・・」編
http://www.youtube.com/watch?v=bwlnqHh8FGk&feature=related
[PR]
by akazami | 2011-02-12 03:01 | キャッチコピー

非日常

2011年2月9日(水)
非日常
c0107704_111811.jpg

仕事に忙殺されているようだ。
なるほど、なるほど。仕事のペースについていくのがやっとで、部屋に帰っても映画を観たり、音楽を聴いたり、本を読んだりするパワーがほとんど残っていない・・・。毎日忙しい有名人や知識人がこまめにブログを更新していることは、なかなかすごいことだと思う。文章の中身はさて置いたとしても、日々自分の思いや出来事を”発信し続ける”ことはそうそう簡単ではない。継続は力なり。

僕のような一般人が仕事ばかりしていたら、ブログに書くような目新しい非日常的な出来事はあまり起こりはしない。それでも「書く」ことは読む人よりも、書く本人にとってとても重要であると茂木先生も言っているので、僕もがんばって書く。思いや考えを文章に変換することと、発信することを継続するのだ。よし、よし、これでいいのだ。

目新しいことは珍しいと書いたが、実はそうでもない。さっき、僕が今住んでいる古いマンションの1階の焼肉屋が火事で燃えた・・・。非日常は突然やってくる。このマンションは14階建てで僕の部屋は9階。仕事が終わって部屋に戻り、ビールを飲んでいるとなんだか焦げ臭くなり、周りがサイレンで騒がしいので、下を見ると自分のマンションが燃えていた。慌てて非常階段を一気に駆け下り、非難。はぁー・・・死ぬほど恐ろしい。アメリカの同時多発テロが頭をよぎり、僕はジャージ姿で震えながら、消化活動を呆然と眺めていた。

人は警察が現場に黄色いテープ張る瞬間を人生で何回見ることがあるだろうか?。夜12時過ぎに自分のマンションの下が燃えることを誰が想像するだろうか?ビルに飛行機が突っ込んだり、地下鉄にサリンがばら撒かれたりする世の中だ。何が起こっても不思議じゃないし、覚悟はできている。そして毎日をどうにかサヴァイブしてゆかなければいけない。Mr.Childrenの『es』という曲の歌詞にあるように。

あぁ、恐ろしき東京・・・。
自分が選んだとはいえ、毎日神経がピリピリする。
[PR]
by akazami | 2011-02-10 02:03 | 日々のこと

僕は壊れている

2011年2月5日(土)
僕は壊れている
c0107704_2132321.jpg

僕は壊れている・・・。
本質的に「”僕”という人間は社会性を獲得することはできるのか?」
正直、甚だ疑問である。

一生懸命自分なりに壊れている部分を修正しようとするのだが、壊れ方が本質的であるので、修理は容易ではない・・・。僕と同じように壊れ方が本質的で、たった25年で人生の幕を閉じた女性を僕は知っている。僕は彼女より10年多く生きたことになる。だからなんなのだろう?過ぎていった絶望の10年。この先はどうなってるの?

生きるとはなんだろう?目的、欲望、快楽、労働、我慢、責任、注意、成長、向上、精神、薬、バランス、関係、勉強、睡眠・・・恐怖・・・希望。
あー、何もかもが全くわからない。わからない。わからない。
大いなる”恐怖”と大いなる”希望”がある。それはリアルにある。
それだけはわかる。
彼女とは違い、僕は生きているのだ。もうため息が出るくらいめちゃめちゃな人生だけど、間違いなくは生存している。現実に今、PCに向かいキーを叩いている。生存しているのだ。じゃぁ、これからも生存しよう。
今日を生きよう。
明日を生きよう。
彼女の分まで自分の人生を生きよう。
[PR]
by akazami | 2011-02-06 03:10 | 日々のこと
2011年2月1日(火)
『彗星まち』、『プウテンノツキ』、『闇のカーニバル』
c0107704_20385555.jpg
(写真は『プウテンノツキ』から)

最近観た映画。

DVD『彗星まち』(監督:今岡信治)
低予算で製作されたピンク映画で”いまおかしんじ”監督のデビュー作だが、ロングショットが実に美しく、高速道路したの川辺の風景や、寂れた海岸などの捉え方/空間イメージに唸った。若者が人生を(時間を)ひたすら無駄に消費してゆくを90年代特有の「無目的感」が明確に描かれていたが、自分が大学時代に作った自主映画もほぼ同じようなテーマだったことに気づき、そういえば自分が映画を撮っていた時はもろに90年代末だったなぁーと考える。オウム事件と阪神大震災を過ぎて”世紀末”を迎えていた「なんとなく不安」が日本覆っていた時代。

DVD『プウテンノツキ』(監督:元木隆史)
大学の先輩の大学院卒業制作の作品。改めて観て、元木さんの高度な映画的センスと描写力のうまさと自主制作とは思えない映画の完成度の高さに唸る。特にプー太郎の彼女を演じている女優”北川千恵”が抜群にいい。とにかく映画(フィルム)に映える女優である。もっと活躍してもいいのに。映画に映って輝く役者というのは意外と少なく(フィルム映りや映画映りという完全な”視覚的な”意味で)、それは演技力がどうのこうのというよりも、先天的な才能(美貌)と呼べるものののではないのだろいうか?魅力的で大画面で輝く映画女優というのは努力云々ではなく最初から被写体として”素晴らしい”のである。”永作博美”しかり”満島ひかり”しかり。この北川千恵もそのくらい圧倒的に素晴らしい。その彼女を美しく撮った元木監督も素晴らしい(女優を美しく撮れるという才能は映画監督にとって、ものすごく重要な要素である)。元木監督ももっと活躍していいのに(山下君や熊切さんに負けないくらいの映画的センスがあると思うし、少なくとも石井裕也あたりよりはずっと上だと断言できる)。


DVD『闇のカーニバル』(監督:山本政志)
ものすごく”汚い”映画だった・・・。この監督生理的にダメだ。実験的な日本のアートフィルムを観たいと思って観たのだが、とにかく「不潔感」が全編を漂っており、観ていて嫌悪感すら感じる次第・・・。山本氏は寺山修司と同じ匂いを感じる嫌いな芸術家である。



c0107704_21262887.jpg『彗星まち』(1995年/日本) 公開時原題:「獣たちの性宴 イクときいっしょ」
監督:今岡信治   ★★☆



c0107704_21301176.jpg『プウテンノツキ』(2001年/日本)
監督:元木隆史   ★★★





c0107704_21361393.jpg『闇のカーニバル(1981年/日本)
監督:山本政志   ☆
[PR]
by akazami | 2011-02-01 21:49 | 映画

29インチテレビと東中野

2011年2月1日(土)
29インチテレビと東中野
c0107704_19445368.jpg

昨日は先週ヤフオクで購入し、待ちに待ったテレビが届いた。29インチのブラウン管テレビで、画面が超でかい。液晶TVが全盛の2011年に、地デジ非対応のバカでかいブラウン管を買う人も珍しいのかもしれないが、送料も含めて4100円で29インチの大画面を手に入れた。僕は映画を観るためだけにこれを買ったので、テレビのケーブルも繋いでいない(本当にテレビ見ないので)。これで贅沢に大画面で、もう好きなだけ時間が許す限り映画鑑賞ができる(わーい、すごく嬉しい)。

本日は仕事が休みで、東中野にある長く通っていた医者に2年ぶりに行ってきた。先生も僕のことを覚えていて、受付のお姉さんも変わってなかったのでホッとする。あー懐かしき東中野よ。嫌な思い出しか残っていない街だが、やはり長く住んでいたので愛着と親近感が大きく、昔はずっと工事中だった山手通りがキレイに整備されている風景などを眺めていると「へぇー・・・東中野ー。おー!東京ーただいまー!」と心の中で叫ぶ。

東京に帰ってきたのだと、今日・・・実感した。
[PR]
by akazami | 2011-02-01 20:29 | 日々のこと