風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年12月11日(水)
映画『ノルウェイの森』を公開初日に観る
c0107704_17444396.jpg
公開初日の映画館はガラガラ・・・。
田舎の人間が村上春樹なんか読むわけないのは容易に想像できるが、映画公開初日の土曜日に僕を含めて7人ていうのはないだろう。恋人同士はなぜ観にこない?恋愛映画だしデートに最適じゃないのか?村上春樹作品の映画だぞ・・・。

映画はあまりパッとしない、いや全くパッとしない作品の出来であった。村上春樹愛読者として期待度が高すぎたきらいあるけれども、しかしながらひどくよくない・・・。やはり原作モノの映画化で原作を映画が上回ることは非常に稀で、大体が失敗に終わる。この映画もそうで、文学作品としての原作の美しさを全く表現できていない上、原作の物語をほぼその通りになぞっただけで、映画・映像作品としての「面白さ、美しさ」を失っている。

まず主要登場人物の2人(直子と緑)がひどい。これは明らかなキャスティングミスだろう。両者とも僕の描いている原作のイメージからははるかに遠く、菊池凛子は演技はうまいのだろうけれども演技以前に被写体として僕はイイと思ったことは一度もない(はっきり言うと嫌いである、この人は『バベル』以前に熊切さんの『空の穴』の時からずーとダメ)。対する緑役の水原季子も同じくひどかった・・・。演技が下手なのは差し置いても、被写体として全く魅力的でない。

リービンピンの透明感ある映像と60年代後半を再現した凝りに凝ったインテリアやディティールファッションはとっても魅力的だったが、それ以外はほんとに・・・つまらない映画だった。監督の力不足が原因で失敗作になっているのではなく、そもそも村上作品の魅力は文学の美しさ、小説ならではの面白さであって映画には向かないのかもしれない(大森一樹の『風の歌を聴け』もひどかったし・・・)


村上春樹と映画。共通項がありそうでやはり水と油なのかも。相性の問題なのか?


『ノルウェイの森』(2010年/日本)
監督:トラン・アン・ユン
★☆
[PR]
by akazami | 2010-12-11 17:46 | 映画

名言012

2010年12月10日(金)
名言012
c0107704_18535649.jpg

”あきらめたら、そこで試合終了ですよ。”

                               by 『スラムダンク』より安西先生



当たり前だけど、その一言がとってもとっても深いです。
安西先生ー!
[PR]
by akazami | 2010-12-10 19:00

部屋換え

2010年12月9日(木)
部屋換え
c0107704_17475371.jpg
最近厳しい精神状態が続いていたが、今日で峠は越えたようだ・・・。ふーう、・・・。そんな中妹の部屋が空き部屋になったのだが、ゴソゴソとその部屋に移る。一応自分らしい部屋にと工夫するが、まぁ所詮は実家の部屋だ、どうやってもカッコがつかない。写真もピンボケだ・・・・。

部屋の電気を暗くしてクリフォードブラウンなどをかければ、中々どうしていい雰囲気がでるじゃないか。バーボンのウィスキーロックでいきたくなるぜ。JAZZな気分でリラックスさ。イメージ的にはサニーディサービスの3rdアルバム『愛と笑いの夜』の裏ジャケットのうらぶれた安ホテルの感じ。悪くはない。

部屋が変われば気分も変わる。明るい気持ちで前を見てゆこうさ。さぁ、12月を乗り切ろう!
[PR]
by akazami | 2010-12-09 18:09 | 日々のこと

妹の引越し

2010年12月4日(
妹の引越し
c0107704_20131150.jpg

最近頭の中が仕事に覆われている、それもあまりよくない方向で。売上、ビジネス、利益、結果、効果、データ、実績・・・。うまくいけている時はそれも楽しく興味深くやる気モチベーションの高いのだが、うまくいけていない時は見えないプレッシャーとして自分の精神に圧し掛かって来る。うーん、仕事とは何だ?今までいろいろな理由を付けて逃げていたが、今回は逃げない。

今日は平日の疲れも癒す時間もないまま朝から妹の引越しの手伝い。やる気など全くでないが家族の為だと思い荷物を運ぶ運ぶ。当然のごとく運動不足の僕に階段の上り下りは堪える・・・。しんどい。しかし、なぜか「これは妹のためだ、家族の為だ」と珍しく家族愛的な感情が僕の中に沸き起こり、少しがんばれたのだ。家族愛?へーえ・・・。

キーボードのKのボタンがまともに反応しない・・・。そろそろこのノートPCもガタがきたか・・・。
[PR]
by akazami | 2010-12-04 20:38 | 日々のこと
2010年12月1日(水)
大橋トリオの『贈る言葉』
c0107704_1942838.jpg

体調、精神、気分が最悪の時には薬と音楽に助けてもらおう。アルコールと共に胸に刺さる大橋トリオの名カバー『贈る言葉』。彼は数少ない天才音楽家の一人である。今は頭がキチンと回っていないので詳しく書けないが、こういう人はなかなか出てこない。かつて渋谷陽一氏が中村一義のデビューに際し「10年に1人の天才」と称したが、この大橋トリオも10年に1人の天才ではないだろうか?

日本の音楽シーンの10年代は相対性理論とこの大橋トリオの登場を持って始まったと記憶されることだろう。

【YouTube】
大橋トリオ『贈る言葉』
http://www.youtube.com/watch?v=AaIlvaD7GD0&feature=related
[PR]
by akazami | 2010-12-01 20:04 | 日々のこと

バイオリズム

2010年12月1日(水)
バイオリズム
c0107704_18164917.jpg

バイオリズムの最底辺に下降中。まずい。何もできない・・・
[PR]
by akazami | 2010-12-01 18:19 | 日々のこと