風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー

<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2010年11月26日(金)
ブラックと疲労とゲンズブール
c0107704_21575138.jpg

自分の好みに大きく変化が現れると自分でも驚くことがある。時の流れと共にゆっくりゆっくりと変わってゆき、ある時ハッと気づく。僕は今「コーヒーはブラックに限る」と思っている。昔にはありえなかったことだ。何も入れない何も足さない純粋なコーヒーが一番うまい。これも30半ばという年齢のせいか?

疲れている。けっこう疲れている。僕は体力的にも精神的にも弱い人間である。これは20代の生活で実証されている事実であるが、決定事項ではない。睡眠時間とプレッシャー。今までの僕ならあっさりと逃避している場面だが、そうはいかない。栄養ドリンクも飲みつつ逃げずに粘るぞ。逃げてたまるか、負けてたまるか。

ぐったりとしながらハンドルを握り、ずっとセルジュ・ゲンズブールの歌を聴いていた。アンニュイでインテリジェンス、ナイーヴでありながらめっちゃダンディなフランスの伊達男。はぁーかっこいいぜ。ひたすらに無造作紳士。ゲンズブール!
[PR]
by akazami | 2010-11-26 22:24 | 日々のこと

このレースの先頭集団

2010年11月24日(水)
このレースの先頭集団
c0107704_0244261.jpg

観たい新作映画がたくさんある。
超1カットの奇跡は起きているのか?と気持ちが入る松江君の『ライブテープ』。斜に構えて見ても秀作の予感漂う李相日の『悪人』。なにやらすでに狂気を感じる柴田剛君の『堀川中立売』、魅力的なロケ地を手に入れ宇治田さんの話法と熊切さんの感性そして実力が久々に炸裂していそうな『海炭市叙景』、そして何と言っても注目は、ノンフィクションの原作を元に2大スターを登場させ全共闘の時代のエネルギーに真っ向からぶつかり、それをオリジナルな物語と文体でで描いてくるのであろう山下&向井君の『マイ・バック・ページ』。

そうこの終わりなきレースは、第2ステージも彼らが先頭を走っている。しかし、まだ折り返し地点にも来ていない。観客でいるのかゼッケンを付けるのかは自分次第。最後に何が起こるかは競技場に入るまで誰にもわからない。
[PR]
by akazami | 2010-11-25 00:55 | 映画

素敵なキャッチコピー011

2010年11月23日(火)
素敵なキャッチコピー011
c0107704_21422326.jpg


男一本セブンスター

by  Seven Stars
[PR]
by akazami | 2010-11-23 21:45 | キャッチコピー

空気公団

2010年11月21日(
空気公団
c0107704_3193673.jpg

何にもやる気がしない週末であった。雑誌のモチベーション特集を読みながら、限りなくモチベーションの低い土日。まぁそんなのんびりとした週末もいいだろう。ていうか土日は何もせずのんびりするものであるという考え方もある。そんなゆったりとした週末の音楽はやっぱり空気公団しかない。

のんびり、ゆったり、ごろり、だらだら、ごろごろ、うたたね・・・彼らのそんな音楽を聴いていると、なんにもしてしない時間が、大切で幸福な時間に思えてくる。どこまでも優しく透明感あるボーカルが心に沁みる、フォークでアコースティックなポップなバンド。穏やかな秋の午後に煙草を吹かしながらコーヒーの飲んでいる時間には空気公団をかけるしかない。大好きなグループだ。(写真は彼ら)。
[PR]
by akazami | 2010-11-22 03:34 | 音楽

雑誌とボールペン

2010年11月19日(金)
雑誌とボールペン
c0107704_2338458.jpg

今日は本屋にふらりと立ち寄りオオっと思った雑誌を2冊買った。『CIRCUS』と『BRUTUS』。雑誌を買うなど何年振りか・・・茨城に戻ってから買った記憶がないよ。ずっとWebサーフィンばかりだったので紙媒体というアナログなのがすごく新鮮でいい感じ。本屋にちょっと立ち寄る、思いかけず気になる雑誌を思い切って買う。2冊も買う。うーん悪くない。

平日が終わったー!と浮かれ気分で家に帰ると、楽天で注文していたボールペン10本セットが届いていた。やったきたきた。【パイロットゲルインキボールペンG-3/0.5mの極細ブラック】。自他共に認めるボールペン通である僕が数あるボールペンの中から選び抜いた逸品である。これが死ぬほど書きやすい!滑らか!しかも1本100円!値段超普通!だから10本セットで買っちゃった(配送料とあまり変わらない)。同じシリーズの赤と青もいっぱい持っている。えへへ。

もう、ウキウキである。明日からメモしまくりだ。
[PR]
by akazami | 2010-11-20 00:01 | 日々のこと

MHK 松本人志のコント

2010年11月18日(木)
MHK 松本人志のコント
c0107704_20231612.jpg

先日の夜、偶然NHKをボケーと見ていたらいきなり「MHK 松本人志のコント」が放送されていたので、30分間ぐぐーっとテレビに見入っていた。この番組はレギュラーではなく単発の番組らしいので、リアルタイムで視聴できたことは、ほとんどTVを見ない僕にとって、軽い奇跡である。

何が展開されるのかと固唾を呑んで見守っていると、最初のコントからこれがやはり素晴らしい出来で、満面の笑みでニヤニヤクスクスしながら「これ超面白い!」「不条理すぎ!」「やっぱ松本人志はすげぇー!」と心の中で叫んでいた。自作自演、ほぼ一人芝居という難しいような設定ながら、松っちゃんの頭の中にある圧倒的な”笑い”世界像がビリビリ展開され、改めて「こーいうのが面白いっていうんだよなぁ~」とニヤニヤ中も再確認させられたのであった。

現在の民放のTV業界は島田伸介をリーダーとする「吐き気のするようなバラエティ番組」で覆われている。あのような低俗で面白くもなんともない、寒気がするような番組が視聴率を挙げている世間の現実にものすごい嫌悪感を僕は持っている。正直もう恐怖ですらある。

まともに見ていないのであまり勝手なことは言えないが、今の民放にまともな人間が見るような番組は皆無なのではないのではないか?(何をマトモと呼ぶかはまた別だが)。あのNHKが松本人志に声をかけるなどまさに「非常事態」であると言える。民放でもバカリズムのような笑いの才能(天才)が伸び伸び笑いを作れる環境・番組をTV業界の人に作って欲しいと心から思う。

松本人志は衰えを知らない。40を過ぎてますます笑いの才気は活発である。純粋なファンとしてTVでその天才的なイマジネーションを爆発させ、爆走してほしい。
しかし、松本人志も映画を撮っている。しかも残念なことに2本も撮っている。これがいけない。松本人志の残念な映画については、また別の話。
[PR]
by akazami | 2010-11-18 20:27 | 日々のこと

失敗

2010年11月16日(火)
失敗
c0107704_21373696.jpg

どうも日曜のビールがいけなかった。明らかに失敗だ・・・。
週が明けてからもグダグダな状態が続いてしまい、仕事にならない。休みだと浮かれて気分に任せてなれないことをすると痛い目に会うというのは本当らしい。疲労もあるし、しっかしせねばである・・・。だから今日は素直にベットへ飛び込み、心と体をリセットしよう。

原田知世を聴きながら、ぐっすり眠ろう。
[PR]
by akazami | 2010-11-16 21:46 | 日々のこと

素敵なキャッチコピー010

2010年11月15日(月)
素敵なキャッチコピー010
c0107704_12195279.jpg


”バファリンの半分は優しさで出来ています。”

                                                                                                   by バファリン
[PR]
by akazami | 2010-11-15 12:23 | キャッチコピー

日曜日

2010年11月14日(
日曜日
c0107704_20464948.jpg

貴重な日曜日はグダグダの一日となった。
休みにも関わらず早起きするものの、何もやる気というものが全く起らず、しばらく長い時間ボーとしていた。しかしグッと踏ん張って車の洗車場でに向い車を洗う。あーだるい・・・。仕事の疲れが極度に溜まっているのだろう(結婚をしていて、せっかくの休みも家族サービスをしなければいけないお父さん達は大変だ)。

誰かに会う気もせず、映画を観る気も起こらず、読書なども論外だ。・・・。そして考えた。昼間からビールを飲もう。早速スーパーへ行ってビールとつまみを買い込み、家に帰ってひたすらビールを飲んで酔っ払っていた。(ビールで思い出したが、村上春樹の小説『風の歌を聴け』の”僕”と”鼠”は、ひと夏で25mプール一杯分のビールを飲んだらしい)。

一人で酔っ払い、グダグダの日曜日であったのだ。LOVE BEER?
[PR]
by akazami | 2010-11-14 21:15

名言011

2010年11月12日(金)
名言011
c0107704_1173699.jpg

茂木先生は最高に素敵だ。僕の先生だ。Web上で学べる尊敬度MAXの先生だ。

◆茂木健一郎氏の座右の銘◆

座右(1) 他人を笑うな、自分を笑え。

座右(2) 泥の中から星を見上げろ。

座右(3) 他者を鏡として自分を磨け。

座右(4) 表現者は作品が全て。言い訳をしてはいけない。

座右(5) 自分のため、と思うと一人分の力しか出ない。他人のためと思えば無限の力が出る。他人は無尽蔵。

座右(6) 自分の最大の欠点のすぐ近くに最大の長所がある。だからこそ欠点を見つめよ。

座右(7) 意味を問うな。踊れ!

座右(8) 一番遠くから聞こえるかすかな音に耳を澄ませ!

座右(9) 負の感情こそが正の情熱の源泉となる。精神の白魔術。人生のエネルギー問題は解決できる。すべてを愛に変えて放散せよ!




特に座右(7)と座右(8)にグッとくる。
[PR]
by akazami | 2010-11-13 01:27 | 名言