風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー

<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

依存について

2010年10月13日(水)
依存について
c0107704_20232263.jpg

人間は何か依存しながら生きている。
アルコール、煙草、恋愛、ケータイ、子供、活字、ファッション・・・その対象は無数にある。その中でも社会的に最も悪い依存とされているのが”麻薬”である。いわゆる麻薬は法的に規制されており、その使用または所持は厳罰に処される。

僕は依存性が高く精神の弱い人間であるので、それは“悪”“いけないこと”とわかっていてもつい手を出してしまう人間の気持ちがよくは分かる、非常によく理解できる。だからといって麻薬・ドラックを肯定しているわけではないが、厳しい現実社会の中で生きていくのは大きなストレスであり、そこから現実逃避する手段としての格段の効果を発揮するのであろう麻薬はやはり魅力的に写る。

ヘロイン、コカイン、大麻、LSD、覚せい剤・・・それらのドラッグを使うと圧倒的な多幸感を味わえるらしい。尋常ではない快楽感のようだ。ハードで辛い現実世界から遠い世界に少しの間だけトリップできるのであろう。ベトナム戦争のアメリカ兵も大麻を常用していた。もし、薬をやりながらでも健康や精神に害をもたらさず、社会的に自立した人間として行動でき、その上でずっと快楽が続くのであれば、みんな“麻薬”をやるはずである。自然の流れから言えばだが。

しかし、そこには恐ろしい“副作用”が待っている。幻覚・幻聴・体温の異常変化・体中に走る激しい激痛、薬が切れた時の精神錯乱。一度中毒に堕ちれば地獄の世界が待っている。止めたくても、薬をやらなければ狂ってしまうのでどうにかしてお金を集め、またやる。そして恐怖の中で勝手に死んでいくのだろう。そう、まさに映画『トレインスポッティング』のように。

2010年、押尾学、酒井法子、田代まさしと有名人が次々逮捕されている。彼らは少しでも気持ちよく、楽になりたいのだ。その精神の脆弱さと薬物依存ついて僕はよくわかる。痛いくらいによくわかる。現実がどうしようもなく辛い時、目の前にそういう状況があれば自己コントロールとモラルを失い、思考停止状態になり、つい手を出してしまうはずだ。


僕は麻薬を肯定も否定もしない。
自分でやって勝手に死ぬのなら自業自得なだけである。
薬は瞬間的には最高なのだろうが、その先には破滅しか待っていない。
[PR]
by akazami | 2010-10-13 20:26 | 日々のこと

名言007

2010年10月10日(
名言007
c0107704_15572164.jpg

最近MSNの記事を読んでいてグッときてハッとなった言葉。
このような名言は、何かを企んで新しいことを始めようとする時、
大きな示唆を与えてくれる。

野イチゴは野イチゴ畑にはありません。誰も行かない野原に野イチゴはあるんです。

                                        by 秋元康

(AKB48の成功についてのインタビューから)
[PR]
by akazami | 2010-10-10 16:07 | 名言

酒とコーヒーと依存

2010年10月10日(
酒とコーヒーと依存
c0107704_812085.jpg

昨日は仕事終わりで帰って久しぶりにビール飲んだのだが、これがまともに飲めない。350ml缶でもうフラフラである。疲れのせいか、年齢もあるのか、極端にアルコールに弱くなっていた。そして「あまりうまくない・・・」と思った。あれだけ好きだったビールがおいしくないと感じている。これは一体どういうことなのだろう?

昔のある時期完全にアルコール依存症というほどにビールを飲んでいた頃がある。それは本当に病的な量を毎日明るい時間から飲んでいた。嫌な記憶がいっぱいある。飲まずには生活ができなかった。それが今あれほど溺れていたビールを「おいしく」感じないのである。うーん・・・なんなんだだろう?

そのかわり現在の僕は完全にコーヒーに依存している。もう依存症と言っても過言ではない。朝から何杯もホットコーヒー飲み、日中も缶コーヒー1,2本。家に帰ったらずっと寝るまでアイスコーヒー飲んでいる。そしてずっと煙草を吸っている。寝るまでずっとずっとコーヒーだ。まさにジャームッシュの映画『Coffee&sSigarettes』登場人物のように一日タバコとコーヒーを摂取し続けいるのだ。煙草は昔からだが最近なんしろコーヒーがうまい。

酒を飲まないですむのはとてもいいことなのだろう。
僕はなんどもこれで失敗しているから・・・。

2007年始めにも急にビールが飲めなくなった時期がある。それはとても頭がクリアで体もスリムになり、仕事も順調で僕の中でとても”いい時期”だった。酒に逃避することはせず、クリアな脳で現実世界ををサヴァイブしていく。そんな色々な物事がよく見えるサイクルがまたきているのか?

これはこれで・・・悪くない。
[PR]
by akazami | 2010-10-10 08:03

研究者

2010年10月7日(木)
研究者
c0107704_21525326.jpg

10月なのに暑い。
先月の終わりに、台風がやってきて夏は終了したのではなかったのか?待ち行く人もみんなTシャツや半袖で非常に暑そうである。僕も当然暑く、入ってきた電車の車両が「弱冷房車」だと慌てて隣の車両に移るが、電車会社も空調まで気が回らないのか、移っても暑い・・・。異常気象のバカ。本当に今年は秋をスルーしそうな勢いである。

一人で小学生が電車に乗っているのをよく見かける。今日はドアの横で私立の学校なのかキレイな制服をきた大人しそうな女の子が、一人でファーブルの伝記の漫画を熱心に読んでいた。とてもかわいらしく、「君は学者に興味があるのかぁー、いいねー」と勝手に嬉しくなった。ノーベル化学賞を日本人が受賞したタイミングもあるのでなおさらであった。

人生を賭けてずっと一つのことをやり続ける。これは本当にすごいことである。周りの目なんか関係ない、ボサボサの髪を掻き毟りながら自分が「何これ?どうなってんの?」と疑問に思ったことを生涯考え続ける。それだけをずっと考える。答えが見つかるまで考える。こういうのは相当、素敵である。

科学、物理、数学など理系分野が僕は本当に苦手であるが、一つの疑問を命の限りずっと追い続ける科学者や物理学者には昔から憧れている。そこにはとてつもないロマンがあるからだ。


”私には特殊な能力はありません。ただ、熱狂的な好奇心があるだけです。”

                             by アルバート・アインシュタイン
[PR]
by akazami | 2010-10-07 22:32 | 勉強
2010年10月3日(
『SRサイタマノラッパー』
c0107704_21049100.jpg

今日は買い物などやりたいことがいくつかあったが、床屋で髪を切った、革靴を買おうとするが持ち合わせが足りず、コンビニでお金を下ろしたあたり力尽きてしまい、グッタリと疲れ結局靴も買わずに家へ帰る。平日の疲れが残っているのだろうか?今日は朝からなぜか体と頭がだるい。

DVD『SRサイタマノラッパー』(監督:入江悠)を観る。
仕事せいもあるが随分と映画を観ていなかったので、新鮮な気分で画面を見ていた。
この映画は2009年の日本インディーズ映画の話題を独占し、自主制作ながら大ヒット記録し、異例の全国公開を遂げ、監督の入江氏は日本映画監督協会新人賞を受賞した2009年の日本映画の重要作品。ゆうばりファンタでもオフシアター部門グランプリを受賞している。

非常に評価の高い話題作だったのでずっと観たいと思っていたのだが、やはりこれがいい。抜群に面白いし、タイトルから想像するものよりずっと”本気の”映画で、僕は主人公の熱い情熱に目を熱くし、ラストのラップ対決には大泣きになった。

前半の「埼玉から世界に届け、このライム!」とばかりにユーモア溢れる展開だが、やがて音楽へのとめどない情熱と地方の現実狭間で、彼らは苦悩しグループも崩壊していく。HIPHOPへの熱い思いは誰にも負けないが、社会的な大人としての社会の視線は厳しくIKKUは自分の状況に自信が持てず、すべてが中途半端なままのグループは崩壊の一途を辿る。

地元に戻ってきたAV女優は自分のしてきたことにプライド持っているが、それでも田舎の人間の視線は冷徹で厳しく、地元から弾き出される様にまた東京に戻っていく。IKKUに弱いところは一切見せないが、大きなかばんを持ち上げて駅の階段を上るその背中に涙がでた。

ラストで酒屋でバイトを始めたIKKUの所に土方の新人として地味に働き始めたTOMが客としてやってくる。ここで2人は切実な、どうしても譲れない、本気(マジ)の思いをラップに乗せて爆発させる。このラストの対決のシーンは圧巻で涙が止まらなかった・・・。

何かをやりたいと若者の本気の思いと地方の現実。この映画の切実さには背筋が凍る思いで、とても笑えない。タイトルからは想像できないほど”マジな”青春映画だ。

崩壊していく将軍たちや元AV女優、そして才能はあるが体が弱い竹田先輩・・・。茨城の田舎でヤンキーと老人に囲まれながら、実家の部屋で一人ゴダールを観ている自分。そんな自分と彼らの感情がいろいろな部分で重なり、リアルすぎるくらいリアルで、涙が止まらなかった・・・。

将軍の苦悩は入江監督の苦悩であり、映画を観ている僕の苦悩でもあるのだ。
入江監督は『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー傷だらけのライム』を既に完成させ、『SR3』の企画も進んでいるという。若く熱い映画監督である。

映画、音楽、文学。クリエイティブへの熱い思いは東京も地方も関係ない。その人の中に自分を騙し切れない”本気(マジ)”の思いがあるかないか、きっとそれだけだ。HIPHOPを通して最も大事なことを表現してる、それが映画『SRサイタマノラッパー』である。



c0107704_3364081.jpg『SRサイタマノラッパー』(09年/日本)
監督:入江悠  ★★★★
[PR]
by akazami | 2010-10-04 03:38

東京事変『スポーツ』

2010年10月2日(
東京事変『スポーツ』
c0107704_17512555.jpg

午前中から先生に「どうにも、眠りが浅いのですが」と訴えるが、仕事がうまくいっているようだから現状維持でのままでということに。まぁ全く眠れないというわけではないのだから仕方がない。不眠症ではなく軽度の睡眠障害という感じであろうか(専門家は明言を避けるので自分で勝手に名称をつけて納得している)。

家に帰って久々に借りてきたCDを何枚か聴いていたが、その中の1枚、東京事変の『スポーツ』を聴いて驚きつつ惹き付けられ、感動する。少し前に椎名林檎がムーンウォークするグリコのCMで使用されていたシングル「能動的三分間」を初めて耳にした時から「もう、また・・・圧倒的だなぁー」と思っていたが、改めて最新アルバム聴いてグッとくる。

各曲ともものすごいクオリティでカッコイイよく全盛期のスティービーワンダーを彷彿とさせるのだが、その中でも冒頭の「生きる」という曲に心底やられてしまった・・・。とにかく”素晴らしい”の一言である。作曲は林檎嬢ではなくキーボードの伊澤一葉という人であるが、彼は天才ではないのか?同じグループに天才的な作曲家が複数いるということはほとんど稀である。ビートルズとYMOくらいしか思い浮かばない。亀田誠治ではなく、”伊澤一葉の曲”がもっと聴きたい。


最近グッときた音楽中では口口口の「00:00:00」とこの東京事変の「生きる」がずば抜けて美しい。きっとここがPOPミュージックの最前線だ。



【YouTube】
東京事変「生きる」
http://www.youtube.com/user/kazami0509?feature=mhum#p/f/22/NFIZcVwrHt8
口口口「00:00:00」
http://www.youtube.com/user/kazami0509?feature=mhum#p/f/0/FYsZaKdwPNM
[PR]
by akazami | 2010-10-02 18:39 | 音楽

早朝覚醒AM5:00

2010年10月2日(
早朝覚醒AM5:00
c0107704_520867.jpg

現在土曜の朝AM5:00。なぜか目が覚めベットを出る。寒い。パーカーを羽織る。脳の状態はかなりクリア。・・・きたきた、久々の早朝覚醒である。昨夜眠りについたのは夜12時を回っていた。夢を見ながらのいつもの睡眠の質だ。この文章を書けるほどしっかり目が起きている。

今日明日と休みだ。今は早朝覚醒で起きているがパターンからいえば朝8時頃に恐ろしい睡魔がやってきて、そのまま連休を無意味化する24時間を越えるエンドレスの浅い睡眠に流れていくはずだ。・・・しかし、そうはいかせるものか。


さて、どうなる?
[PR]
by akazami | 2010-10-02 05:47

素敵なキャッチコピー007

2010年10月1日(金)
素敵なキャッチコピー007
c0107704_2339496.jpg

電車のマナーシリーズ「またやろう」の新作を発見。真ん中のパーカー君はちょっときつそうだけど、ぐっと寄り添って一人分の席を空けている。うーん、やっぱいい。みんな基本的には自分勝手な存在であるが、いい面もたくさん持っている。大人になるとは、マナーを守る人になること。僕も、できるだけ実践している。

またやろう。 Please do it again


やはりすごく素敵で大好きな広告である。
[PR]
by akazami | 2010-10-01 23:59