風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー

<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

復調

2010年7月15日(木)
復調
c0107704_1425794.jpg
今日も前からの体調・精神不良が続いていたのだが、一日ずっと寝ていたら何とか回復の兆しが。昨日は医者の先生に「薬はきちんとルールを守って飲みなさい!」と怒られてしまったが、これは先生の言うとおり。しんどいからといってめちゃくちゃな飲み方をしてはいけません、反省、反省。

気分もだいぶよくなったので、明日からは元気にいきたいですね。いろいろほど程にがんばろう!
[PR]
by akazami | 2010-07-16 01:51 | 日々のこと

もやもや

2010年7月13日(水)
もやもや
c0107704_18342083.jpg
ここ2,3日頭の中がもやもやしている・・・。
なぜだろうか?うーんたぶん薬の過剰摂取が原因だろう。いまいち気力が沸かず、ぐずぐずとした一日。あまり音楽も楽しめず、本を読む気力もなく、映画も観れない。
こういう時は薬を飲んで早く寝るに限るさ。

(写真は僕の愛用のi-pod君。ダバダバダバダバ♪)
[PR]
by akazami | 2010-07-14 18:42 | 日々のこと

モリコーネ

2010年7月13日(火)
モリコーネ
c0107704_214583.jpg
本日は朝からずっとぐったり・・・。
 忙しいことなど何もしていないのに体と頭が疲れきっていてフラフラだった。
起きてみるとAmazonから注文していた本が何冊か届いていた。読まなければならない本がたまってきている。

 外はしとしとと雨降り。それでもオークションで購入したエンニオ・モリコーネのアルバムを聴いていると少し気分も回復のほうへ。初期の小山田君やタランティーノが好きそうなアルバムジャケットからかなりキャッチーな音楽を期待していたのだが、中身は意外とノスタルジックでしっとりと哀愁の漂うような感じ。・・・うーん悪くない、ぜんぜん悪くない。
[PR]
by akazami | 2010-07-13 21:22 | 音楽

田舎が嫌いだ

2010年7月12日(月)
田舎が嫌いだ
c0107704_19582564.jpg

今日はいろいろやったけど、ぼんやりとしていた。
気持ちがあまりよくない。

DVD『ディア ドクター』(監督:西川美和)を鑑賞。
今の自分が一番観たくない映画かもしれない。日本の田舎風景でこの映画はできている。僕が今最も嫌悪したくなる風景だ。田んぼ、山、老人・・・毎日自分が見ている風景であり、それを監督は恐るべきリアルな演出で描いている。・・・作品の内容以前にこの嫌悪したくなる景色や人々になんだか観ていて辛くなってきた・・・。
この監督は人間の内面、特に自分の中で矛盾する感情を表現したいのだろう。
前作『ゆれる』同様”人間の内面”を描き出すそのリアルな表現力はホントに脱帽モノだと思う。しかし僕はまったく好きになれなかった。
「内容」と「形式」について考えてしまった。


■『ディア ドクター』(08`日本)監督:西川美和   ★☆
[PR]
by akazami | 2010-07-12 20:23 | 映画

VHSビデオデッキ

2010年7月11日(日)
VHSビデオデッキ
c0107704_1613345.jpg
昨日は東京から友人の女の子Eちゃんとその友人Aさんが遊びに来てくれた。
Aさんは初対面の方だったので緊張するが、非常に落ち着いているいい人っだったので気持ちも弾む。茨城の田舎でぐずぐずしているこんな僕のことを気にしてわざわざ来てくれた(かなり強引な訪問だったが)Eちゃんに感謝。少しダウンしていた気持ちが、ぐぐっと希望方面に上昇した。

本日はYAHOOオークションで安く買ったVHSのビデオデッキが届く。
最近の新作映画は基本的にDVD化されているので問題ないのだが、洋画と邦画を問わず古い映画だとVHSのみでDVD化されていない作品がかなりあり、さらに田舎のレンタル屋では当然そんな作品は置いておらず、TSUTAYAやDMMなどのネット宅配レンタルはDVDのみなので、これが僕の中で結構な問題であった。
しかし今日で解決。デッキさえあれば新宿のTSUTAYAで借りてきて郵送で返却すればよいのだ(まぁ新宿も遠いのだが・・・)。
とりあえず問題の解決で気持ちが大きく軽くなった。

VHS『BeRLIN』(監督:利重剛)を鑑賞。
とにかく篠田昇の撮影が素晴らしいく、最初の何カットかですぐに篠田昇のカメラだと分かった。香港のクリストファードイルもそうだが篠田のフィルムは透明感があり、光が滲み、色が鮮やかになって写る。この作品はパートカラー作品だがカラー・モノクロの両方でハイキー気味に撮っているのだろうか?カラー部分は全体的に白っぽく、モノクロシーンではコントラストが強めのフォトジェニックな印象を持った。
日本映画にとってアーティスティックなカメラマン篠田昇の不在は大きな痛手である。篠田のモノクロを観れただけでも大満足。

■『BeRLIN』(95`日本)監督:利重剛  ★★★
[PR]
by akazami | 2010-07-11 16:30 | 日々のこと

横浜聡子

2010年7月10日(土)
横浜聡子
c0107704_0454395.jpg
最近異常に早起きなのです。大体朝の4時か5時にはもう起きていて何するわけでなくぼけっとPCを見ている感じ。この年寄り並みの早起きは服用している睡眠薬の症状で”早朝覚醒”と呼ばれているらしいのですが、早く起きる分には何の問題もなく、有意義に朝の時間を使えてうれしいばかりです。
それから朝の最近ウォーキングを開始しました。今の体重は僕の人生の中で最もデブで、大変なことになっています。三日坊主にならぬようウォーキングと節食でダイエットをがんばります。あーもう痩せたい!(もう死ぬ気でやります)

DVD『ウルトラミラクルラブストーリー』(監督:横浜聡子)を鑑賞。はっきり言って完全な”駄作”だと思いました。横浜監督の傑作『ジャーマン+雨』を渋谷の劇場で観た時は「日本映画界に当然変異の天才が現れた!」と思ったほど期待していた監督の作品だけにかなり残念です。横浜聡子は以前僕が書いた「日本映画最重要監督」の一人です。
この『ウルトラ~』は主人公の強烈なキャラクターだけで最後まで強引に押し切ったような感じですがその主人公に魅力が全くないので、映画としてどうしようもないものになってしまったんじゃないかなぁーと感じました。あの青森弁もいい感じがしないし、麻生久美子にも平板な印象しか持てませんでした。
今後の横浜監督、うーんどうなんでしょう?

■『ウルトラミラクルラブストーリー』(2009/日本)監督:横浜聡子 ☆
[PR]
by akazami | 2010-07-10 01:20 | 映画

アントニオーニ

2010年7月9日(金)
アントニオーニ
c0107704_1585538.jpg
昨日はDVDを2本鑑賞しました。イタリア大巨匠の一人ミケランジェロ。アントニオーニです。『欲望』と『太陽はひとりぼっち』。うーん・・・全くよくない。面白くない。別段たいしたおしゃれ映像美があるわけでもない(60年代ファッションや音楽やモードを期待していたので)。『欲望』なんてどうしてこれがカンヌのパルムドールなのかさっぱりわかりません。ほとんど映画の魅力的な部分を感じませんでしたし、一応サスペンスなのですが全く監督のやる気が見えません・・・。
いいとこのないこの2本でも『太陽はひとりぼっち』ラスト5分の映像感覚には驚きを感じました。これはスゴイ。圧巻のラストでした。男と女が愛し合ったのに、ラストでこんな荒涼とした風景の連続を持ってくるとは(!)これが「愛の不毛」の作家アントニオーニなんでしょうか?僕は全く好きになりませんねがね。

しかし一日に映画を2本も観るとグッタリです。映画業界の人間や特にシネフィルでもないので映画が面白くない場合さすがに頭がフラフラしてきます。映画は僕は1日に1本がいいんじゃないかと。しっかしアラン・ドロンは格好良すぎですね。無敵ですね。

(ちなみに写真は僕のタバコわかばと愛用のライター)



■『欲望Blow-up』(66`イタリア)監督:ミケランジェロ・アントニオーニ ★☆
■『太陽はひとりぼっち』(62`イタリア)監督:ミケランジェロ・アントニオーニ ★★☆
[PR]
by akazami | 2010-07-09 02:47 | 映画
2010年7月8日(木)
イタリア映画サントラ音楽
c0107704_1473272.jpg

90年代前半に渋谷系ブームでイタリア産のサントラ版がいくつか発売されたが、なぜだか今僕の中で激しくマイブームなんです。一番有名なのはやっぱエンリオ・モリコーネでしょうが、ダバダバ、オルガン、スキャットなどおしゃれで小粋度100%なのはなんと言ってもアルコマンド・トロヴァヨーリです

渋谷系の流れで聴いていたのですが、なぜか今は”イタリアシネサントラ病”になってしまっています。元はと言えば”フリパーズ・ギター”の元ネタを聴きたいと思いインターネットでいろいろ調べていたら、60~70年代のイタリアのサントラ版はもっとオシャレで素晴らしいということを知りました。

フリッパーズ元ネタのイギリスのバンド”アズテックカメラ”や”オレンジジュース”などは僕自身あまりピンとこなかったので、モリコーネ、トロヴァヨーリ、ピッチオーニなどが活躍していた60~70年代のラウンジ系コンピレーションにもう夢中です。
ダバダバ~口笛やスキャット、オルガン・・・あぁ・・・元祖渋谷系男子としてはたまらないですね。

この辺位になると渋谷のTSUTAYAでも置いていないので、アマゾンやyahoo!オークションで買わねばならないのが貧乏な僕にとっては少々辛いところです。

作曲家は他にもウミリアーニピッチオーニチプリアーニなどまだまだいます。
そんな訳で今年の夏は60~70代のサントラ、ラウンジ、モンドミュージック全快で走ります!
(ちなみに小沢健二の復活も待ちに待った感じです)
[PR]
by akazami | 2010-07-08 01:19 | 音楽

ブログまた再開

2010年7月7日(木)
ブログまた再開

c0107704_53644100.jpg


最近なんとなく気分が好調なので、ブログでもまた書くかと。
今はインプットの時期なのであまりアウトプット(表現)することはありません...。

非常に適当に書いてゆくつもりです。のんびりと。
どのくらいで更新するのか、はたまたいつやっぱ止めるのかは分かりません。
(まぁ読者もほぼ居ないでしょうし気楽に書いてみます)。
どうせ書くのなら多くのみなさんによまれたいですねぇー

あと頭丸めました。いろいろもろもろ吹っ切りたかったので。
2010年はいい年にしたいですね。
[PR]
by akazami | 2010-07-07 05:19 | 日々のこと