風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

見逃せない!!!

2008年6月1日(
どうしても観たい!どうしても行きたい!


あーどうしてもこの「バウハウス展」には行きたい!本国ドイツ以外でこの規模の展覧会は史上初らしい。六本木でやっていた去年の「コルビジュエ展」も見逃しているので今回何が何でも外せない!!!
【バウハウス・デッサウ展】
http://www.bauhaus-dessau.jp/index.html

あー早く観たい!どうしても見逃せない!橋口亮輔の6年振りの新作映画「ぐるりのこと」。
6年前に渋谷の映画館でで一人『ハッシュ!』を観た直後の腰から砕けるような感動が昨日のように蘇る、その日2回観た(あの日からもう6年も経ったのか・・・あの頃は先が全く見えず、とにかくフラフラしてたなぁ・・・)。公開はまたもや同じくシネマライズだ。これがどうしようもない”映画の才能!”というものを心ゆくまで味わいたい。映画の天才は本当に本当に少ないんだ。橋口亮輔はその数少ないその映画監督である。

※ちなみに橋口監督は僕の大学の先輩(10年くらい先輩)。ちなみにこの作品には大学の同期の友人Hちゃん(女性)がAP(アシスタント・プロデューサー)で参加している。
だから去年の夏頃の時点で、
【会話】
カザミ「Hちゃん今何やってんのー?」
Hちゃん「今は橋口監督の新作のロケに入ってる」
カザミ「えー!橋口さん遂に新作撮ってんだぁー、誰出てんの?」
Hちゃん「驚くよ!木村多江となんとリリィーフランキー主演!夫婦愛の映画」
カザミ「・・・・・・・。そりゃそれ聞いただけで期待が膨らむね、超観たい!」
Hちゃん「でしょ、これ映画絶対すごいよ」


c0107704_20102560.jpg
[PR]
by akazami | 2008-06-01 20:15 | 映画

崖っぷちなり

2008年6月1日(
崖っぷちなり・・・。


遂に”崖っぷち”まで来たらしい。
今大きな壁の前に立っている。これが容赦ない現実。「どうにかなるだろう」と目の前の問題から逃げ、再送りにしていた”甘さ”が、いま具体的な形となって現れた。・・・。これは来るべきにして来た問題であり、今までの人生を覆っていた自分自身の”決定的な甘さの根本の問題”に関わることである。
今、この壁を乗り越えなくてはならない。これは”must”であり、ここをクリアしなければ先はない。誰のせいでもない、自分の”本質的な甘さ”が作り出した現実的な問題である。これは目の前に迫っている待ったなしの状況で、まさに崖っぷち。

しかし、このでかい「壁」を自分の力で乗り越えることができれば、自分の中で何がが変わる気がする。もうじたばたしてもしょうがない、とにかく”やるっきゃない”のである。

ここからの半年、たった半年だ。まったく問題ない、長い人生のうちのたった半年だ。
とにかく決して後ろを振り向かずどんなに辛い時も常に前を向いてがんばるしかない。これを越えればきっと色々な意味で強くなった「New風見」になっていることだろう。
もうやるしかない。

辛くなったら友達のこの言葉を思い出そう

心が折れる理由はない。
[PR]
by akazami | 2008-06-01 19:45 | 日々のこと