風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2008年6月30日(月)
festa do i-dep!!! market に行ってきた


c0107704_60351.jpg


昨夜の恵比寿のLiveは本当に最高だった。
年に1回行われるi-depのお祭りLiveで、参加していたアーティストも超豪華。
SOUNDAROUNDに始まり、Q:indivi、、そしてFreeTEMPOnotenativeときてラストは待ってましたのi-dep。夕方4時から夜の11時まで、ビール片手に7時間ノンスットプ存分に「クラブ音楽」を楽しんだ。

雨だったが、会場は超満員でみんなが音楽に陶酔して、思い思いに踊り狂っていた。全アーティスト最高だった。FreeTEMPOのDJプレイに鳥肌を立てながら踊った。今までクラブなどに行っても一度も踊ったことはなかた。まず踊れない、やっぱりどこか恥ずかしかったから。でも昨日は存分に踊った、彼らの音楽を目の前で聴けば自然と体が動いた。周りの目も全く気にならずに自由に体で音楽を味わえた。みんな立て乗りで跳んでいた。とにかく俺も「完全に自分を解放」できた。エロティックなまでの快感に酔いしれた。

最後の出てきたi-dep。はじめての生i-dep。メンバー6人のとてつもない演奏力にびびった。死ぬほどカッコよかった。ボーカルのcanaは最高にチャーミングな妖精で、歌がとにかくうまかった。何度も繰り返しCDで聴いていた”あの声”は、目の前のcanaの声で、たまらない気持ちになった。

そしてなりよりもナカムラヒロシが最高級に「カッコよすぎ」だった・・・。見た目は格闘家にみたいで、中身は完全な「陽気な関西人」だった。そして”音楽の天才”だった。とてつもない疾走感が溢れる大音量の「belleve」に会場全員は空前絶後の盛り上がりを見せ、私の脳ミソは天国へ飛んでった。新曲でいちどおわり、アンコールであの名曲「rainbow」で会場が”ひとつ”になった。一番後ろの地味めな人まで踊っていた。そんなファンの様子にナカムラヒロシは「みんながこんなに手を上げてくれて、ちょっと感動してます」言っていた。私もずっと感動していたし、心からi-depに酔いしれた。
最高のライブだった。
c0107704_6413495.jpg
【恵比寿リキッドルーム/2008/06/29】にて
[PR]
by akazami | 2008-06-30 06:56 | 音楽
2008年6月28日(
映画女優、酒井若菜 (『恋の門』から)


この前けっこう疲れているせいか大好きな映画が観たい!と思い立ち
恋の門』を鑑賞。観るのは3,4度目だがやっぱり
「超いい!もう最高!松田龍平いいねぇー」とまたまた大満足。

この映画は松尾スズキの初監督作品だが、監督の才能や新鮮さはあまりなかった・・・。
(やはり松尾スズキは演劇の人だと思う)
しかし何よりも最高なのは主演女優の「酒井若菜」である。
昔は「かなりカワイイくさらに巨乳のアイドル」という認識だった。あまりアイドルでスターダムに上れずTVの露出も減っていた。最初に女優酒井若菜に出会ったのはTV版「私立探偵濱マイクシリーズ」のキャバ嬢役だった。あまりな自然な演技と頭の軽いキャバ嬢を素敵に演じていた。この女優のハイレベルの演技力に、この女は日本映画の名脇役(バイベレーター)だ!酒井若菜が出演しているだけでその映画を観たいと思う。

今回『恋の門』での彼女も最高!コスプレおたくの女という設定だが、一本ネジが飛んでいる女を爽快に演じている。酒井若菜がとてつもなく輝いている。
あーいい女優だ。酒井若菜は「名脇役」であり、脇役でこそ彼女の魅力が爆発する。
この作品にも友人が助監督としているが、「つまらん作品」だったと言い切っていた。

世間的な評価もあまり芳しくないが、俺の中では相当大好きな映画である。
日本映画欠かせない名脇役それが、酒井若菜なのである。

c0107704_8522937.jpg
[PR]
by akazami | 2008-06-28 08:55 | 映画
2008年6月22日(
i-depのライブ一緒にいってくれる人募集!



誰か来週の日曜日の”i-dep”のライブに一緒に行ってくれる人いませんかー?
当日一緒に行く予定だった友人が何かの都合でキャンセルになってしまいました・・・。
チケットが1枚余ってしまっています・・・。

■日時:6/29() 16:00~
■場所:恵比寿リキッドルーム
■入場料:¥3,500


【i-dep公式HP】
http://www.i-dep.jp/top.html

ぜひぜひ、誰か!

■連絡先:kazami@vesta.ocn.ne.jp
[PR]
by akazami | 2008-06-22 17:54 | 音楽

【名言】02

2008年6月20日(金)
【名言】02


私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。                           モーリアック

金曜日だし、今日も仕事がんばろ!

 
[PR]
by akazami | 2008-06-20 07:25 | 名言
2008年6月18日(水)
今のプライオリティは仕事である。

ここずっと仕事しかしていない・・・。
あー、仕事もなかなか面白くなってきた一方で、
日々仕事の量が増えてゆく。
がんばろう。

観たい映画もたくさんある。
『ぐるりこと。』『インディ・ジョーンズ4』『マジックアワー』『ゼアーウィルビーブラッド』。
「バウハウス展」にも行ってないどころか、どっかで「ロシアアヴァンギャルド展」も始まってしまった。夏はいろいろ楽しいことが迫ってくるなぁー。全部行きたいなぁー。実家のネコに会いたいなぁー。
来週は楽しみな”i-dep”のライブがある。超楽しみだが、果たしてちゃんと行けるのか?
うーんやりたいことはいっぱいあるが、今のプライオリティはやっぱ「仕事」だ。

c0107704_7155139.jpg
先週の日曜日の午後ベランダにて、オレ。
[PR]
by akazami | 2008-06-18 07:23 | 日々のこと

【ねこ】01

2008年6月12日(木)
【ねこ】01


c0107704_5113224.jpg
 くにみつ

先週の日曜日の午後、仲のいい先輩のウチに遊びに行ったら、
こいつがいた。
大人しいネコで、いつも近所のネコとケンカしているが連戦連敗らしい・・・。
先輩に名前を聞くと”くにみつ”君らしい。
すごく立派な名前である。
大人しく争いを嫌う平和主義者な”彼”がすぐに気に入った。

僕は”ねこ”が大好きだ。
[PR]
by akazami | 2008-06-12 05:02 | ねこ

【名言】01

2008年6月11日(水)
【名言】 01



”常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである”                             
                               アルバート・アインシュタイン


自分は”名言フェチ”である。
たまに大好きな名言を書く。
最初はやっぱ20世紀最大の天才物理学者アインシュタインさんのこの言葉。
[PR]
by akazami | 2008-06-11 04:38 | 名言
2008年6月7日()
日本の最重要映画監督 7人


土日は仕事が休みなので、掃除、洗濯、クリーニング屋、など「男一人暮らしの週末恒例業務」を午前中にこなす。それから吉祥寺TSUTAYAで「デスノート前編・後編」をレンタル。
午後はのんびり雑誌をペラペラしながら、いつの間にか昼寝へ・・・。

今日は私が個人的に思う”日本の最重要映画監督7人”を書挙げよう。
まずは■黒沢清(1955年生まれの52歳だから2つ上の世代だね)。

次は■青山真治(1964年生まれ)、■石川寛(1963年生まれ)、■橋口亮輔1962年生まれ)、この3人はちょうど40代の監督たちでちょうど1つ上の世代だね。

そして■山下敦弘(1976年生まれ)、■西川美和(1975年生まれ)、■横浜聡子(1978年生まれ)
この3人は完全に同世代だね。自分は1975年生まれ。

それぞれ監督たちのフェイバリット作品
■黒沢清は『人間合格』『アカルイミライ』も捨てがたいが、中でも一番は『ドッペルゲンガー』。
『ドッペルゲンガー』観た直後、「黒沢清だけは他の監督らと全く違う次元で映画を撮っている」と思い、放心状態で席をしばらく立てなかった・・。

■青山真治はやっぱり『EUREKA』。浅田彰氏が2000,年公開当時コメントしている
「映画の21世紀は『EUREKA』をもって始まる」。
今は2008年だが、私も「00年代の映画は『EUREKA』で始まった」と思っている。

■石川寛は『Tokyo.sora』と『好きだ、』の2作のみであるがベストは『好きだ、』
この人の”完全に独創的な感性で唯一無比オリジナリティ”で映画を撮る。まさに”洗練された映画の才能がすべてのカットで隅々まで浸透している”感じ。とにかく石川監督は”映画の才能”というものは”どうしようもないけれども決定的に存在する”と痛感するさせられる稀有な映画監督。

■橋口亮輔はもちろん『ハッシュ!』。もう心から大好きな映画。今日(6/7)渋谷シネマライズで公開が始まった新作『ぐるりのこと。』が観たい。自分で体験した「鬱」の辛い経験を活かした作品のようだ。(偶然だが橋口監督と同じく”鬱と闘った6年間”を私も経験した。しかも同じく私も6年間本当に苦しんだ)。ちなみに私も今はそれ乗り越え”常にプラス思考”でポジティブに日々を邁進しています。橋口監督は寡作な監督だがその映画は常に”心に刺さる”。


■山下君の映画はいずれも好き。今までのベストは2作目の『ばかのハコ船』だったけど、今現在のベストは『松ヶ根乱射事件』。脚本の向井君とのコンビはやはり最高でで初期山下映画の集大成な作品で凄いレベルの”傑作”と思う。去年『天コケ』で大ブレイクした山下君の動向からは目が離せない。(この活躍は大学の同期として、やっぱり嬉しいし、やっぱり悔しい)。

■西川美和はもちもん『ゆれる』。30歳の女性が撮った映画とはとても思えない傑作。すべてにおいて物凄い完成度であると思うが、中でも心底驚くのは「男の兄弟の話」を見事に描いているという点。よくある”女性監督ならではの感性で描いた~”うんぬんな言葉のど皆無な堂々たる演出。カンヌは海外でいつも受ける”ジャポニズム”な河瀬直美などにグランプリを与えているべきではない、西川美和に比べれば河瀬直美などアリンコもみたいなものだ。”映画の才能”のレベルがそもそも段違いに違う)

■横浜聡子は『ジャーマン+雨』。去年のクリスマスにユーロスペースで観た時の衝撃は忘れられない・・・。「彼女は天才か?ただ狂っているのか?なんだこの映画パワーは?・・・」。この監督を言葉にするなら「日本映画の突然変異」あたりか。たまたまその日はトークショーでゲストで登場した山下君と話していた。なんだか無口な美人な人で、「こんなカワイイ女の子がこんなとてつもない映画をとるんだぁー・・・」と微妙な感情になったのを覚えている。彼女の次回作など想像すらできないが、”映画の才能が炸裂している”に違いない。


※来月に私の母校大阪芸大映像学科の”卒制展”東京で開催されるらしい。
熊切さん、山下君、剛君の活躍でもしかしたら大阪芸大映像学科は”ブランド化”しているのかもしれない。(私の頃は大阪のマイナーな場所でひっそりとやった程度だった・・・)。
ちなみに本田さんのオリジナル企画の新作『GSワンダーランド』(栗山千明主演)は超観たい。タイトルからしてきっと60年代カルチャー”本田ワールド”全快のPOPでカルトな「怪作」な気がする。

c0107704_232278.gif

[PR]
by akazami | 2008-06-07 21:43 | 映画
2008年6月6日(
いいことあった。・・・今日勝った


今日は仕事でいいことがあった。
本気で
あー良かった・・・はぁー、助かった・・・わーい!・・・ホントに・・・・・本当に・・よかった・・・
と心底思った。
今週は本当に”崖っぷちの中の崖っぷち”だった・・・。””のつくプレッシャーだった。
それを今日少しだけ乗り越えた。
今日が最後のギリで、今日に勝った。・・・。ギリだったけどどうにか勝った。・・・。
成果はホントに小さいけど、今回はある意味これまでの人生でトップで「がんばった」のかも知れない。
有村裕子が世界で”銀”を獲った時のように、今
自分を褒めてあげたい・・・」。
と少しだけ思う。
[PR]
by akazami | 2008-06-06 23:43 | 日々のこと

Screensaver

2008年6月5日(木)
screensaver


最近自分のPCのスクリーンセーバーを作ることに凝っている。
インターネットの中から「これセンスいいなぁ」という画像を持ってきて
それをかなり集めてスクリーンセーバーにして勝手に気分良くしている。
ずっと使っていたのは「Pizzicato Five」の情報を超細かく扱っているブログから
CDジャケットやフライヤーなどのセンス抜群の画像(小西康陽氏はやはり天才である)を集めて使っていた。

今のお気に入りは【amana】という会社が作ったスクリーンセーバー。これはかなりかっこいいのでかなり気に入っている。これを見ているだけで
「たぶんこの会社には「”優秀なクリエイター”がたくさんいるんだろうなぁー」と素直に思う。

amana
http://amana.jp/company/tsutawaru/
[PR]
by akazami | 2008-06-05 07:13 | 日々のこと