風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

現時点での「目標」

このブログを非公開にすることにした。
ネットに公開すれば個人名や固有名詞は何かのマイナス要素になる恐れがある。恋愛や仕事に関わることなどのプライベートな内容は全く書けないので、正直な思いや考えを記録するという日記本来の機能をなさない。将来から現在の自分の気持ちを振り返って読んだ時に、それが心のままに素直な文章であって欲しいと思う。
さらに問題なのは実名を公開するのかということ。友人Sが言うには名前のある人間以外に実名を公開するのはデメリットしかない。自分のプロフィールが世間にばれるのはやばい・・・と。
ならば、ハンドルネームで公開するか?いやいやそれではブログの意味が全くない。自分の考えや思いを他の人にも知ってほしいし、名前を伏せてのバーチャルなコミュニケーションにはほとんど興味がないし、田口ランディも「ネット上のコミュニケーション的なものは実は全然コミュニケーションなんかではない」と言い切っている。
現実のところ、仕事を始めたら一日の内容が仕事に関係する事柄がほとんどを占めるようになるし、これを書く時間もなくなるだろう・・・。Kも言っていた「ブログなんて結局自己満足でしかない、そんなものは暇人がやることだし、まったく生産性がない」。

今の自分の目標はちゃんと定まっている
インターネット広告の仕事でトップ営業マンになり年収××××××万を超える、その後は独立して「映画制作・音楽レーベル・純文学出版などの芸術集団工房」をつくる
この目標達成のために現実的に行動していくことが”生産性のある”ということ。この「生産性」を行動の中心に考えれば、今の何も手に入れていない時点でブログで自己表現する時間はない。日記は「考えの記録」と「自己成長」という目的で、完全に自分個人の為に書き続けよう。

一年後くらいに(2008年3月)短編映画を撮ってウェブで公開することになった時点で、個人のHPやブログの公開ということを考えよう。映画やブログが他の人にとって魅力的なコンテンツにならなければ発信する意味がない。

2007年2月18日  風見篤史
[PR]
by akazami | 2007-02-18 04:05 | 自分

非公開

このブログは自分個人のための日記なので、すべて非公開にしました。
[PR]
by akazami | 2007-02-17 13:21 | 自分

内定

今日、仕事が決まった。・・・・・・・・・。わーい。内定だ。わーい。俺、がんばる。
[PR]
by akazami | 2007-02-15 21:05 | 日々のこと

誰かの役に

何日かこの日記を更新できなかった。軽く元気がなかった。まあ、いつも前向きで意識が高いわけではないのだろう。バイオリズムは必ずあるもんだ。
昨日は『嫌われ松子の一生』をDVDで鑑賞。映画館で一度観ているが、やっぱり面白い。前に観た時には意識しなかったけど、柴崎コウのセリフにドキッとした。
人間の価値は人に何をしてもらったかではなく、人に何をしてあげれたかだよね・・・
うーん、何か人の役に立つことが重要なのか。友人Iちゃんも言ってた
「人は誰かの為にしか生きれない」

誰かの役に立つ。人から感謝される。「ありがとう」と言われる。
[PR]
by akazami | 2007-02-15 11:52 | 映画

Skypeの衝撃

昨夜は新たな経験をする。Skypeを使っての「4人同時会話」である。まさしく新しい時代の新しいコミュニケーションツール。もう”電話”の域を超えている。あたかも机を囲んで4人で話している状況である(ネット世界)。しかも同時にチャットができるので画像ファイルや音楽,URLの交換もリアルタイムで可能なのだ。さらに音質は抜群にいい。Skype同士なら世界中どこでも通話料無料、10人まで同時会話可能etc。はー・・・すごい時代になってきたぞ、ワクワクだ。そのうちこのSkypeも世界中で常識になると思う。
さらに期待したいのは”自動翻訳システム”だ、これによってリアルタイムに翻訳がなされるハイレベルな状況になれば、外国語が話せないと外国人とよりよい関係が作れないという決定的隔たり”言葉の壁”がついに崩れ去るだろう。近い将来必やってくれるはずだ、グーグルが。
[PR]
by akazami | 2007-02-10 16:19 | 時代
昨日も朝9時起床。自己管理にかなり意識的になってきている。朝きちんと起きるのは基本として、いつも姿勢をよく歩き、身のこなしはスマートに。”凛としていたい”これは女性への表現かもしれないはが今の自分にぴったりな感じ。人の多い場所では歩きタバコは避け、喫煙コーナーへ。これも大人のマナー。自分の中の”ルール”をきちんと設定し、それを守るように心掛けよう。

今日も面接を一件。手応えはいつもどうりあるが、結果に結びつくかは別問題。
池袋のジュンク堂『世界をよくする現代思想入門』(ちくま新書/高田明典)を購入。レジ係が中学生の女の子でびっくり(社会研修とやら)。それにしてもジュンク堂は書籍の配置から室内の温度設定、店全体のデザインワークまでほんとにセンスがない・・・。紀伊国屋書店や渋谷の書店はターゲット層が若いから本の並べ方やレコメンド商品なんかにもセンスが光るのかも。

YouTubeをグーグルが1850億円で買収したという記事(発表は去年)に改めてグーグルのすごさとロングテール追求姿勢に驚く。ちなみにグーグル創立者は二人とも1973年生まれ。YouTubeにいたってはまだ28歳と27歳。若い、若いぞ、めちゃ若い。ほぼ同世代だ。なんだか勇気が沸いてくる(自分と比べた焦りなんかはまったくない)。

適当にブログを徘徊していると、こんな記事が

働かなくても食っていける社会がもうすぐやってくるよ

働かなくても生活が出来る社会がやってくると予言している。これは驚きの内容だ。しかしそんものはありえない気がする。どうなんだろう?この記事に真っ向から反論しているブログもあってなかなかわからない。この論争はここ何日かの状況だからリアルタイムで見守ろう。
[PR]
by akazami | 2007-02-10 06:38 | 時代
ある時人の人生を変えたり、生きる勇気を与えたりとモノの考え方や思考の形を決定的に左右するような”本”に出合う時がある。今までの人生を振り返って「あれをあの時に読んだのはでかかったなぁー」と思える本はそう何冊もあるもんではないだろう。僕にもある。大学の頃に読んだ仙頭武則の『ムービーウォーズ』と暗黒時代に読んだ中島義道の『働くことがイヤな人のための本』である。この2冊を読んだ時、すぐに「この本は自分の中で決定的に何かを変えるかもしれない」と直感した。後から振り返ってもその予感はあたっている。

梅田望夫の『ウェブ進化論』をやっと読み終えた。これは間違いなく”決定的な本”の3冊目だ。自分が今激しく変化し、いかにもリニューアルしている状況でこの本を手に取ったのは単なる偶然たまたまかもしれないが・・・いまこの本か。とにかく「webで世界が変わる、本当の大変化はこれから起こる、あー大変なことになる!」と思う。インターネットの”あちら側”で起こっていること全く知らないことばかりで・・・本の内容に驚愕しっぱなしだ。

c0107704_23524198.jpg【『ウェブ進化論/梅田望夫/2006年】
[PR]
by akazami | 2007-02-09 00:03 | 本の話
本日は9時起床に成功。キーポイントは目覚ましの大音量で、これが鳴ると飛び起きる(そのままベットに戻らなければよい)。
午後から面接が一件。話しているうちにその仕事への興味が沸いてきた、なかなかの好感触だった。なんとなく気分がよかったので御茶ノ水の駅まで20分ほど歩いて帰るが、順天堂病院の前で激しく転倒!!・・・。クリーニングしたてのスーツを汚さないように受身をとる。大勢が見ていたのでかなり恥ずかしい状況(大人が一人でコケるとその後どんな顔をしていいのか分からない)。とっさの状況で”スーツ”を一番に気にしたのは自分でも不思議であるが、そのかわり右足首を捻ったらしく激しく痛い。超痛い・・・・。ずっと痛い。はー・・・。いたい。

吉祥寺パルコにHMVが入っているのを発見(しょっちゅう通っているのになぜか気づかなかった)、「どんなもんだろう?」と入店。入ってすぐに店内にかかっている曲に反応し、店員に尋ねると「これです」と。緑っぽい見たことのないジャケットに”FreeTempo”。「!」。本日発売の新譜だ。これは情報不足。急いで試聴するとこれがあからさまな傑作。すごい、
半沢氏は天才だ
。素敵だ(今風に言うとヤバイ)。買いたいけど買わない、あー・・・レンタルを待とう(タイトル忘れた)。
帰りにTSUTAYAでコーネリアス『SENSUOUS』とフルカワミキ『Mirrors』をレンタルする。
フルカワミキは目新しい感じはまったくない(スーパーカーからのエレクトロニカ路線は悪くないと思うけど、なぜかつまらない・・・)。一方の小山田君にはびっくり!はっきり言って全然よくわかんないけど、とんでもない作品だという感触。前作の『POINT』には旋律の様なものがあったが、ここではもはや「音の実験室」的な域に入っている感じが。FreeTempoみたいに”気持ちいい!””たまらない!”的な大好き感はないけど、真剣にひとつひとつの音も聞き逃せない圧倒的でストイックなパワーを感じる(何かをしながらBGM的に聴くのを許さないようなオーラがある)。こういうのを巷では”音響派”と呼ぶのかな?まぁ、とりあえず現代音楽の最先端のひとつであることは間違いない。はー。
c0107704_0543240.jpg【『SENSUOUS』/コーネリアス/2006年】
[PR]
by akazami | 2007-02-08 01:02 | 音楽

実験5

PV『この世の限り』椎名林檎×斎藤ネコ
[PR]
by akazami | 2007-02-07 09:48 | 日々のこと
10時に起床。目覚まし時計が響きわたったせいで見事に起きることができた。よしよし。自己管理自己管理。本日はルネもあるので新宿に行くから西口の職安を覗いてみることに。
さぁさぁいるいる。やっぱり今日も満員御礼。この人々全員が無職だと考えると、ほんとに景気は良くなってるの?っと疑いたくなる。そんな中自分もパソコンで検索してみるがやりたくなるような求人は少ない。それでも1件だけ問い合わせてもらうが、「もうすでに決まったらしい」と。まあ期待していなかったのでさして気にせず、外へ出る。しかし、自分に気づいたことが一つあった。”事務職でもいいかな”と思ったこと。なんとなく出来そうだし悪くないかも。ふむふむ。

ビックカメラで「マイクつきヘッドフォン」を購入。980円と予想よりもかなり安かったので助かった。デジタルビデオコーナーで最新のDV状況をチェック。なんと民生用でハイヴィジョンのDVでソニーから出ているHDR-FX7を発見!これはいい!HDは画質がかなりいい!16:9だ!超ワイコンレンズも付けられる!素晴らしい!絶対欲しい!超感動!・・・。こいつを手に入れたら無敵かも。これしかない・・・・でも、378,000円。た、高い・・・。
今の自分にゃとても無理な額だよ。金を稼ぐしかない。もうそれしかない。いつか絶対買う。

夜から「ぼでごん亭」で今年最初の”ルネ”に出席。・・・・・。集まりはイマイチ。みんな大人だからそれぞれ忙しいのかもしれないけど、うーん。みんな”ルネ”の重要性をまったく理解していない。仕事に追われてなかなか会えなくなる30代だからこそ月に一度は顔を合わせ、気兼ねなく酒を飲み、お互いの考えている事とかを自由に話せる場所を作ることに意味があるのに。続けていればどんどん仲間が増えていき、いろいろ違った業界の人間同士が一つのコミュニティーを作る。「2ちゃんねる」や「ミクシィー」なんかのバーチャルな仲間ではない、顔を合わせて実際の言葉で話す「リアル世界でのコミュニティー」だからこそ意味があると思う。「オフ会」ではなく、言わば「オン会」だ。
とりあえず裸一貫2人からもう一度はじめよう。きっといつか何か大きなことが起こると信じて
[PR]
by akazami | 2007-02-06 13:56 | 日々のこと