風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー

カテゴリ:自分( 4 )

2010年10月21日(木)
ブログを書く意味について
c0107704_22591873.jpg

昔このブログを始めた頃、ある友人に言われたことがある。
「ブログなんて暇人がやることだ」
なるほど、そんな気がしないでもない。売れているいないに関わらずテレビタレントやモデルなどは自分の人気、仕事、生活に大きく関わるので毎日せっせとAmebaで毎日ブログを更新している。しかし、クリエイターのブログというのはあまり聞かないし、知らない。

作家、ミュージシャン、映画監督、デザイナー、画家、建築家など”表現者(クリエイター)”は、その仕事において自分の内的なイメージを「作品」として外に発信しているので、その人の中にある表現欲はある程度満たされるであろう(もちろんそれはプロで仕事ある以上100%の自己表現ができるわけでは決してない)。だからきっとプライベートな時間をブログ費やすこともないのだ。

しかし、自己表現を仕事としない人は違う。自分の中に大きな表現欲求を抱えながらもそれを「仕事(ビジネス)」と結びつけることができないでいる多くの人間は、その欲求を何かの形で自分の外に吐き出したいと常に思っている。毎日の仕事と生活に追われながらも、やはりどこかでどうにか吐き出したいと願っている。その欲求の吐き出し口(アウトプット)として最も適しているのがブログである。

ブログは文章、写真、動画、音楽、サイトデザインなどの要素を使って、その人の感情・思考・感性(センス)といったその人間の思いをインターネットという素晴らしい媒体(メディア)を通して”表現”できる。しかも無料で全世界に向けて。暇だからブログ書くんじゃない。きっと書きたいから書くのだ。大切なのはそこに”書きたい””発信したい”というその人の思いがあるかないか、それだけだ。

表現欲と仕事。ブログはその間にある”大いなる可能性”として存在している。
僕は最近そう思っている。
[PR]
by akazami | 2010-10-21 23:54 | 自分

現時点での「目標」

このブログを非公開にすることにした。
ネットに公開すれば個人名や固有名詞は何かのマイナス要素になる恐れがある。恋愛や仕事に関わることなどのプライベートな内容は全く書けないので、正直な思いや考えを記録するという日記本来の機能をなさない。将来から現在の自分の気持ちを振り返って読んだ時に、それが心のままに素直な文章であって欲しいと思う。
さらに問題なのは実名を公開するのかということ。友人Sが言うには名前のある人間以外に実名を公開するのはデメリットしかない。自分のプロフィールが世間にばれるのはやばい・・・と。
ならば、ハンドルネームで公開するか?いやいやそれではブログの意味が全くない。自分の考えや思いを他の人にも知ってほしいし、名前を伏せてのバーチャルなコミュニケーションにはほとんど興味がないし、田口ランディも「ネット上のコミュニケーション的なものは実は全然コミュニケーションなんかではない」と言い切っている。
現実のところ、仕事を始めたら一日の内容が仕事に関係する事柄がほとんどを占めるようになるし、これを書く時間もなくなるだろう・・・。Kも言っていた「ブログなんて結局自己満足でしかない、そんなものは暇人がやることだし、まったく生産性がない」。

今の自分の目標はちゃんと定まっている
インターネット広告の仕事でトップ営業マンになり年収××××××万を超える、その後は独立して「映画制作・音楽レーベル・純文学出版などの芸術集団工房」をつくる
この目標達成のために現実的に行動していくことが”生産性のある”ということ。この「生産性」を行動の中心に考えれば、今の何も手に入れていない時点でブログで自己表現する時間はない。日記は「考えの記録」と「自己成長」という目的で、完全に自分個人の為に書き続けよう。

一年後くらいに(2008年3月)短編映画を撮ってウェブで公開することになった時点で、個人のHPやブログの公開ということを考えよう。映画やブログが他の人にとって魅力的なコンテンツにならなければ発信する意味がない。

2007年2月18日  風見篤史
[PR]
by akazami | 2007-02-18 04:05 | 自分

非公開

このブログは自分個人のための日記なので、すべて非公開にしました。
[PR]
by akazami | 2007-02-17 13:21 | 自分

好きなもの

暇なので、自分の好きなものを列記してみよう(興味あるものも含む)

■好きなもの(2007年1月現在)
人間、家族、友達、猫、女性、タバコ、快晴、雪、メガネ、カレー、豚肉のしょうが焼き、麦茶、白色、女子アナ、東京、フランス、北欧、デザイン、全共闘、連合赤軍、社会的な事件、政治、経済、社会学、心理学、美学、歴史、時代性、芸術など

【アイドル】
長澤奈央、松たか子、藤本美貴、安めぐみ、本庄まなみ

【お笑い】ダウンタウン、笑い飯、アンタッチャブル、ドランクドラゴン、麒麟、チュートリアル、陣内智則

【スポーツ】フィギアスケート、ツールドフランス、中田英寿、イチロー、松井秀喜

【音楽】
●クラブ系、ラウンジ系、ハウス、テクノ:FreeTempo,FPM,jazztronik,capsule,Mansfild,akakage,MondoGrosso,CubismoGrafico,i-dep,Petset,YMO,m-flo,studioApartment,石野卓球、中塚武、

●ロック、ポップス、渋谷系:フリッパーズギター、コーネリアス、小沢健二、ピチカートファイブ、ブリッジ、スーパーカー、くるり、キリンジ、クラムボン、サニーディサービス、ノーナリーブス、ミシェルガンエレファント、ラウンドテーブル、MeltingHolidays,ザスクーターズ、ダフトパンク、斉藤和義、中村一義、椎名林檎、Mr.children、Creamstock,山下達郎、竹内まりあ、平井堅、YukariFresh,パフィー、PE`Z,cymbals,土岐麻子、SAKEROOK,Mylittlelover,増渕謙司、サンボマスター、フジファブリック、ビューティフルハミングバード、ロビンズ、小島麻由美、勝手にしやがれ、Haydon,アースウインド&ファイヤー、ビートルズ、ビーチボーイズ、ブライアンウィルソン、フィルスペクター、ジョンレノン、ポールマッカートニー、ブライアンフェリー、カーペンターズ

●HIPHOP:東京No.1ソウルセット、RIPSLYME,ハルカリ

●JAZZ:オスカーピーターソン、チャーリーパーカー、ソニークラーク、ビルエヴァンス、ジョアンジルベルト、アントニオカルロスジョビン、小野リサ、大野雄二

●クラシック:サティ、チャイコフスキー、モーツァルト、バッハ、ガーシュイン、坂本龍一、久石譲

【映画】
●日本映画:黒澤明、小津安二郎、溝口健二、加藤泰、市川 崑、鈴木清順、増村保造、大島渚、若松孝二、大和屋竺、神代辰巳、吉田喜重、滝田洋二郎、黒木和雄、小川伸介、伊丹十三、中島貞夫、崔洋一、北野武、井筒和幸、坂本順治、三谷幸喜、黒沢清、青山真治、塩田明彦、諏訪敦彦、矢崎仁司、庵野秀明、森達也、原一男、佐藤真、相米慎二、長谷川和彦、周防正行、磯村一路、森田芳光、小林政広、中田秀夫、三池崇史、瀬々敬久、いまおかしんじ、岩井俊二、中島哲也、清水崇、石川寛、けんもち聡、松尾スズキ、山下敦弘、熊切和喜、西川美和、李相日、(井土紀州、向井康介、篠田昇)

●アジア映画:候孝賢、エドワードヤン、ツァイミリアン、王家衛、チャンイーモウ、ジャンジャクー、キムキドク、ジェーンカンピオン、アッバスキアロスタミ、アボルファズル・ジャリリ、(クリストファードイル)

●ヨーロッパ映画:ジャンリュックゴダール、フランソワトリュフォー、ジャンピエールジュネ、マチューカソヴィッツ、レオスカラックス、リュックベッソン、アキカウリスマキ、ヴィムヴェンダース、ロベルトロッセリーニ、ヴィットリオデシーカ、フェデリコフェリーニ、ナンニモレッティ、ジュゼッペトルナトーレ、アンドレイタルコフスキー、アレクサンドルソクーロフ、ラースフォントリアー、テオアンゲロプロス

●アメリカ映画:ジョンフォード、スティーブンスピルバーグ、スタンリーキューブリック、ジムジャームッシュ、サムペキンパー、デニスホッパー、フランシスフォードコッポラ、クリントイースドウッド、ロブライナー、ロバートアルトマン、ウディアレン、クエンティンタランティーノ、ポールトーマスアンダーソン、ソフィアコッポラ

【俳優・女優】役所広司、永瀬正敏、豊川悦史、佐藤浩市、松山ケンイチ、光石研、阿部サダヲ、オダギリジョー、西島秀俊、蒼井優、永作博美、宮沢りえ、深津絵里、八千草薫、片岡礼子、原田美枝子、薬師丸ひろ子、柳美里、ダスティンホフマン、ハーベイカイテル、ルウリード、ジャンピエールレオ、カティ・オウティネン、マッティ・ペロンパー、ジュリエットビノシュ、ジュリーデルピー

【文学】芥川龍之介、武者小路実篤、太宰治、梶井基次郎、中上健次、村上龍、村上春樹、保坂和志、花村萬月、原田宗典、阿部和重、ポールオースター

【建築】ルコルビジュエ、ミースファンデルローエ、フランクロイドライト、安藤忠雄、インターナショナルスタイル

【漫画】手塚治、鳥山明、古谷実、松本大洋、安田弘之、望月峰太郎、浦沢直樹、魚喃 キリコ、岡本京子、(奈良美智)

【写真】左内正史、川内倫子、梅佳代、森山大道、平間至

【哲学、批評】蓮實 重彦、柄谷行人、河合隼雄、斉藤環、加藤典洋、佐々木敦、中島義道、梅本洋一

【雑誌】SWITH、スタジオボイス、ユリイカ、映画芸術、広告批評、スピリッツ


こんなもんか・・・・。映画監督に関しては好きな作品が一本でもあったら書いたけど、やたらいる(ほとんど知っている監督の8割くらいか、みんな好きみたいで節操がない気が・・・)。
こう書いてみるとかなり日本人ばっかりだ。いやぁーいかに海外のことを知らないが顕著だ。もちろん自分が日本人ということもあるけど、結局外国の文化を知らないだけだろう。
[PR]
by akazami | 2007-01-30 05:20 | 自分