風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:音楽( 22 )

音楽DVDもいいねぇ

2008年 5月12日(月) 

最近音楽のライブDVDをよく観てる。
TSUTAYAに行ってもなんとなく映画もCDも借りる気にならなかったので、音楽DVDコーナーを見てみたのがきっかけ。あまりすすんで観たいというものはなかったが、椎名林檎のライブは超観たい!!と思いウキウキで借りる。

観たのは下克上エクスタシーというやつ。これがもう最高!冒頭の「本能」からラストまでかっこよすぎ・・・。とにかく椎名林檎は天才。CDで聴くのももちろん最高であるが、ライブも最高・・・(特にあっちにイっちゃっている表情が印象的)。彼女の凄さは”唯一無比のオリジナリティ”。他のどのアーティストとも全く似ていない、ジャンル分けの意味すら無効にする、”椎名林檎的”という他ないその独創性は圧倒的。あー林檎は素晴らしい・・・。素晴らしい。

今日はキリンジのライブDVDを観る。2003年の武道館のやつでちょうどこの頃キリンジに心酔していた時期で「超ー武道館いきてぇー!!!」と思っていた記憶がある(この頃は暗黒時代の真っ只中なのに随分前向きだったんだなぁー・・・と今振り返る)。
しかし率直な感想は「キリンジはやっぱりライブ向きじゃないなぁ~」と思う。キリンジの独創的でクオリティの高い音楽はやっぱり「作品」としてCDで聴くのが一番気持ちがいいと思う。
しかし、このライブのラストを飾る「カウガール」は圧巻・・・。もう鳥肌・・・。キリンジの数ある名曲の中でも一番好きなのがこの「カウガール」。名曲中の名曲。

明日はPE'ZのライブDVDを観よう、ワクワクだ。
[PR]
by akazami | 2008-05-12 23:28 | 音楽
本日は9時起床に成功。キーポイントは目覚ましの大音量で、これが鳴ると飛び起きる(そのままベットに戻らなければよい)。
午後から面接が一件。話しているうちにその仕事への興味が沸いてきた、なかなかの好感触だった。なんとなく気分がよかったので御茶ノ水の駅まで20分ほど歩いて帰るが、順天堂病院の前で激しく転倒!!・・・。クリーニングしたてのスーツを汚さないように受身をとる。大勢が見ていたのでかなり恥ずかしい状況(大人が一人でコケるとその後どんな顔をしていいのか分からない)。とっさの状況で”スーツ”を一番に気にしたのは自分でも不思議であるが、そのかわり右足首を捻ったらしく激しく痛い。超痛い・・・・。ずっと痛い。はー・・・。いたい。

吉祥寺パルコにHMVが入っているのを発見(しょっちゅう通っているのになぜか気づかなかった)、「どんなもんだろう?」と入店。入ってすぐに店内にかかっている曲に反応し、店員に尋ねると「これです」と。緑っぽい見たことのないジャケットに”FreeTempo”。「!」。本日発売の新譜だ。これは情報不足。急いで試聴するとこれがあからさまな傑作。すごい、
半沢氏は天才だ
。素敵だ(今風に言うとヤバイ)。買いたいけど買わない、あー・・・レンタルを待とう(タイトル忘れた)。
帰りにTSUTAYAでコーネリアス『SENSUOUS』とフルカワミキ『Mirrors』をレンタルする。
フルカワミキは目新しい感じはまったくない(スーパーカーからのエレクトロニカ路線は悪くないと思うけど、なぜかつまらない・・・)。一方の小山田君にはびっくり!はっきり言って全然よくわかんないけど、とんでもない作品だという感触。前作の『POINT』には旋律の様なものがあったが、ここではもはや「音の実験室」的な域に入っている感じが。FreeTempoみたいに”気持ちいい!””たまらない!”的な大好き感はないけど、真剣にひとつひとつの音も聞き逃せない圧倒的でストイックなパワーを感じる(何かをしながらBGM的に聴くのを許さないようなオーラがある)。こういうのを巷では”音響派”と呼ぶのかな?まぁ、とりあえず現代音楽の最先端のひとつであることは間違いない。はー。
c0107704_0543240.jpg【『SENSUOUS』/コーネリアス/2006年】
[PR]
by akazami | 2007-02-08 01:02 | 音楽