風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日々のこと( 59 )

失敗

2010年11月16日(火)
失敗
c0107704_21373696.jpg

どうも日曜のビールがいけなかった。明らかに失敗だ・・・。
週が明けてからもグダグダな状態が続いてしまい、仕事にならない。休みだと浮かれて気分に任せてなれないことをすると痛い目に会うというのは本当らしい。疲労もあるし、しっかしせねばである・・・。だから今日は素直にベットへ飛び込み、心と体をリセットしよう。

原田知世を聴きながら、ぐっすり眠ろう。
[PR]
by akazami | 2010-11-16 21:46 | 日々のこと

美的静観

2010年10月25日(月)
美的静観
c0107704_227038.jpg
 
家に帰ったらAmazonから『ユングのサウンドトラック』(著:菊池成孔)が届いていた。映画批評家としての菊池成孔を読むのは初めてなのでワクワクである。現代のアートカルチャーの最重要人物が映画と映画音楽について書いた論文集で、きっと独創的な視点で映画を分析し、オリジナルな言葉で書かれているのだろう。

他にももう既に買ってあり、読まなければいけないなぁーと思っている本が溜まってきている・・・。早く読まなければと思いつつ夜は疲れてグッタリだ。映画を観たりや小説を読むには、それなりその対象に意識を集中しなければならないが(美学の専門用語でいうと”美的静観”)、音楽を聴くのは気楽である(クラシック音楽やモダンジャズなどはやはり美的静観が必要になるが)。

僕は音楽をBGM的に楽な気持ちで聴くので、あまりエネルギーを必要としない。
ふーう、・・・眠くなってきた。今夜はジャニス・イアンでも聴きながら眠るとしよう。
神様、よく眠れますように。
[PR]
by akazami | 2010-10-25 22:37 | 日々のこと

稲毛海岸

2010年10月24日(
稲毛海岸
c0107704_6571913.jpg

昨日は仕事で千葉市行ったのだが、すぐ近くに稲毛海岸があるので、ふらり寄ってみた。久々に海を見たがやはり嬉しくなる。昔からふらりと一人で海に行くのは僕の得意技で(大体へこんでいる時が多い)急にでかい海が見たくなるのだ。確か昔”一人で海を見に行き、また帰ってくる”というだけの話の映画も作った。

海はいい。なによりでかいのがいい。海は広い。海大好き。     
[PR]
by akazami | 2010-10-24 07:10 | 日々のこと

最低レベル

2010年10月18日(月)
最低レベル
c0107704_2215043.jpg

やっと本格的に涼しくなってきたが、少々疲れている。
週末は連休だったが、土曜はなぜか早起きでその勢いで朝から電車に乗って新宿まで出掛けてしまった。しかしやはり体力、精神力ともに弱っているのか日曜日はグッタリ・・・。借りてきた大量にレンタルしたCDをitunesに取り込みながらボーっと過ごす。

今日は魔の月曜だが踏ん張って会社へ。まずは「何があっても会社を休まない」という大人の最低レベルの常識をクリアせねば、その先はない。その為に日曜は無理は絶対いにしない。朝どんなに辛くても会社を休まないこと。普通の人の当たり前が僕の場合は当たり前ではないのだ。まぁ今日はクリア。

webの記事で松本人志がNHKでコント番組をスタートさせたらしい。すごく見たい。松本人志は自書の『遺書』で40で芸人辞めて裏方に入ると発言していたが、まだTVの前線でがんばっている。松本のコントオンリーということだが、どんな内容かやっぱ気になる。

クォリティー高い、実験性に富んだ番組をNHKには作って欲しい。
[PR]
by akazami | 2010-10-18 22:27 | 日々のこと

依存について

2010年10月13日(水)
依存について
c0107704_20232263.jpg

人間は何か依存しながら生きている。
アルコール、煙草、恋愛、ケータイ、子供、活字、ファッション・・・その対象は無数にある。その中でも社会的に最も悪い依存とされているのが”麻薬”である。いわゆる麻薬は法的に規制されており、その使用または所持は厳罰に処される。

僕は依存性が高く精神の弱い人間であるので、それは“悪”“いけないこと”とわかっていてもつい手を出してしまう人間の気持ちがよくは分かる、非常によく理解できる。だからといって麻薬・ドラックを肯定しているわけではないが、厳しい現実社会の中で生きていくのは大きなストレスであり、そこから現実逃避する手段としての格段の効果を発揮するのであろう麻薬はやはり魅力的に写る。

ヘロイン、コカイン、大麻、LSD、覚せい剤・・・それらのドラッグを使うと圧倒的な多幸感を味わえるらしい。尋常ではない快楽感のようだ。ハードで辛い現実世界から遠い世界に少しの間だけトリップできるのであろう。ベトナム戦争のアメリカ兵も大麻を常用していた。もし、薬をやりながらでも健康や精神に害をもたらさず、社会的に自立した人間として行動でき、その上でずっと快楽が続くのであれば、みんな“麻薬”をやるはずである。自然の流れから言えばだが。

しかし、そこには恐ろしい“副作用”が待っている。幻覚・幻聴・体温の異常変化・体中に走る激しい激痛、薬が切れた時の精神錯乱。一度中毒に堕ちれば地獄の世界が待っている。止めたくても、薬をやらなければ狂ってしまうのでどうにかしてお金を集め、またやる。そして恐怖の中で勝手に死んでいくのだろう。そう、まさに映画『トレインスポッティング』のように。

2010年、押尾学、酒井法子、田代まさしと有名人が次々逮捕されている。彼らは少しでも気持ちよく、楽になりたいのだ。その精神の脆弱さと薬物依存ついて僕はよくわかる。痛いくらいによくわかる。現実がどうしようもなく辛い時、目の前にそういう状況があれば自己コントロールとモラルを失い、思考停止状態になり、つい手を出してしまうはずだ。


僕は麻薬を肯定も否定もしない。
自分でやって勝手に死ぬのなら自業自得なだけである。
薬は瞬間的には最高なのだろうが、その先には破滅しか待っていない。
[PR]
by akazami | 2010-10-13 20:26 | 日々のこと

眠りがひどく浅い

2010年9月27日(月)
眠りがひどく浅い
c0107704_20332519.jpg

眠りがひどく浅い。
これは昔からではあるが、僕の睡眠の深度は恐ろしく浅いのだ・・・。これはわからない人には全くわからないだろうが、かなり苦しい。いくら長い時間寝ていても、まだまだずっと眠いのである。

疲れているはずなのにぐっすり眠れるということがなく、果てしなく夢を見続け、朝が来ても一向にスッキリしない。1,2時間ごとに目が覚め、煙草を吸ってはまた眠り、また目が覚めては煙草を吸う。食事も摂らずにひたすら浅い眠りが続く。頭はボーとするは、何もやる気も出ないは、もうどうしようもない。貴重な休日も意味不明な夢と一緒に過ぎていく・・・。

だから僕は”夢”というものが大嫌いである。毎日不可解な物語に2,3本付き合わされる。やはり自分が登場することが多いが、それも楽しい話などなく、ひたすらに脈絡のない波乱万丈な展開が待ってる。もうカオス、カオスである・・・。本当にいい夢など見たためしがない。疲れるだけだ。

睡眠は人間にとってとても大切である。
とても大切である。
ここに問題があると、いろいろなことに影響する。

何も考えず、ぐっすりと眠りに落ちたいのだ。
それだけだ。
僕は深い眠りというものに、ずっと憧れている。
[PR]
by akazami | 2010-09-27 21:04 | 日々のこと

夏終了とパリとお洒落

2010年9月25日(
夏終了とパリとお洒落
c0107704_20535559.jpg

衝撃的に暑い、そして長い夏がようやく終わったようである。
本当に暑かった。やっと過去形で言えるのかもだ(再度暑くならないとは限らない)。よくわからないが今年の夏がたぶん35年生きてきて一番暑かった気がする。苦しかったぜ。

昨日妹が旅行から帰ってきた。どうも友達とフランス行ってきたらしくシャンゼリゼ通りやルーブル美術館のの写真を見せられた。非常に羨ましい限りでなんとお気軽ツアーのくせにモンサンミッシェルにまで足を伸ばした模様。世界でナンバー1に美しいあの城だ。朝焼けの中羊の群れのむこうに見えるモンサンミッシェルは素人写真であっても圧倒的に美しい・・・。

妹は29であるが、僕も同じ29歳の時にフランスへ行っている。1週間くらいパリの街をフラフラしていた。パリは大好きである。というかフランスという国が大好き。トリコロールの国旗からして他国の追随を許さないほどずば抜けて美しいし、なんといっても芸術の国である。カフェ、ゴダール、石畳のパリの街、コルヴィジュエ、シャンゼリゼ、サティ、そして近代建築・・・。

とにかくオシャレを気取って表通りの小さいカフェで渋いエスプレッソを飲みながら煙草を吸って遠くを眺めていればそれでいいのだ。そうだ人生は”おしゃれ”でなければいけない。日々の生活はとても大変で、ハードな毎日だが、精神は常に”オシャレ”でありたい。オシャレという言葉は肯定的にも否定的に取られる。誤解を恐れずに言えば、僕はあらゆる意味でどこまでも何事も”オシャレ”ありたい願う。

話がグラグラしたが、結論。

自分の人生をオシャレにデザインしてゆこうではないか。
・・・もしその先に芸術があれば、もう最高だ。
[PR]
by akazami | 2010-09-25 21:04 | 日々のこと

素敵なキャッチコピー005

2010年9月23日(
素敵なキャッチコピー005
c0107704_21405615.jpg


奈良時代は、2度やってくる。
                by 近鉄
[PR]
by akazami | 2010-09-23 21:45 | 日々のこと

温帯湿潤気候

2010年9月8日(水)
温帯湿潤気候
c0107704_222951.jpg

いきなり台風が来た。
テレビを全く見ないせいか、天気予報すらわかっていなかったので突然の台風襲来にビックリ。日々のニュースくらいは見ないといけないかな?これ何号なの?MSNだけの情報じゃダメなのかも。どうせ猛暑が続くのだろうと思っていたので、この大雨にはまさに不意打ち。

そして、涼しい。超涼しい。汗をかかないくらいだ、いやぁ~超うれしい。
あーすずしい。この間会社の人と話をしていて

「そういえば、日本って温帯湿潤気候ですよねぇ?」
「そのはず、だけどね」
「なんかどう見ても、熱帯雨林気候にみたいじゃないすか?」
「うーん、確かに温帯湿潤ではないよね」
「そうですよね、これは温帯湿潤って言わないですよねー・・・」

僕はその時天気に関係なく、
自分の発した”オンタイシツジュン”というフレーズに嬉々としていた。
[PR]
by akazami | 2010-09-08 22:28 | 日々のこと

嬉しい週末

2010年9月4日(
嬉しい週末
c0107704_712126.jpg

長い1週間が終わり、嬉しい週末だ。
茨城の田舎にいながら今週は大手町や横浜と仕事でいろいろ動いた。ちょっと気づいたのだが、街のサラリーマンのほとんどがノーネクタイの”クールビズ”のスタイル。猛暑だからなのかそれともノータイが一般化されているのか?僕は仕事柄必ずネクタイを締めているのが、それはかなり少数派のようだ。個人的に僕はあまりノータイは好きではない。もちろん楽だが、なんだか気が緩んでグダグダになってしまう気がする。まぁしかし、暑いのはやっぱ暑いのだが・・・。

今日は休日ながら、朝早く目が覚める。いつものパターンだと平日の疲れがドッとでて、食事も摂らない”永遠の爆睡”に落ちていくという流れになっていくのだが、そこはちょっと待った。今週末はなんかやるぞ。睡眠だけで終わらせてなるものか。

音楽は”ダバダバ”とフリッパーズ「恋とマシンガン」でスタートだ。
[PR]
by akazami | 2010-09-04 07:34 | 日々のこと