風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2011年 03月 07日 ( 3 )

『狂走情死考』

2011年3月7日(月)
『狂走情死考』
c0107704_2320846.jpg

VHS『狂走情死考』を鑑賞。
若松美学が炸裂した隠れた傑作。若松孝二はアンゲロプロスやホウ・シャオシェンのようにロングショットの天才芸術監督であると僕は思っている。冒頭の主人公が走る横移動のショット、広い雪景色の中を歩く男女、北海道の雪の大平原のラストシーンなどなど美しい構図のイメージがとにかく美しい。このようなイメージは天才にしか撮れないものである。

縦構図の奥行きのあるカットに人物を捉えるのが抜群にうまい。さらにカラフルな原色の色彩設計も抜群のセンスを感じる。若松孝二は政治色やバイオレンス、ピンク映画のイメージが強いが、実は世界レベルの映像派の作家性溢れる映画監督である。


c0107704_23375268.jpg『狂走情死考』(1969年/日本)
監督:若松孝二   ★★★★
[PR]
by akazami | 2011-03-07 23:40 | 日々のこと

『薔薇の葬列』

2011年3月7日(月)
『薔薇の葬列』
c0107704_1885520.jpg
今日はかなり久々の休みで休日をのんびりと過す。休日なのに何故か早起きをしてしまい(睡眠薬のせいか?)、早朝から部屋の掃除、洗濯、そして雨の中ユニクロに部屋着を買いに出掛ける。とてものんびりとした休みらしい休みを満喫する。ふー、のんびりのんびり。

VHS『薔薇の葬列』(監督:松本俊夫)を鑑賞。
ゲイボーイの”エディプス悲劇”を元に、60年代末の新宿アングラカルチャーの雰囲気を捉えたATGのカルト映画。モノクロの美しい独特のイメージは何箇所かあったものの、非常に退屈な映画だった。出演者のインタビューやタイポグラフィーの挿入、バラバラに刻んだ音楽などゴダール的な手法の使用があるが、単なる「ゴダールの真似」という域を出るものでもなく、フィクションとドキュメンタリーの境界線を曖昧にする語り方も陳腐に感じられた・・・。

魅力的な実験性の高い作家日本映画を観たいと思っているのだが、実際に有名な作品を観てみみると、やっていることは刺激的で風変わりなのだが、1時間以上観客を退屈にさせないということは難しいという感触が強い。やはり映画は「魅力ある登場人物と物語が必要不可欠」ということか?芸術と物語。シニフィアンとシニフィエ。。視覚的イメージとその意味。・・・。
【形式と内容】は、全ての芸術においてもっとも大きな問題である。




c0107704_1922817.jpg『薔薇の葬列』(1969年/日本)
監督:松本俊夫   ★☆
[PR]
by akazami | 2011-03-07 19:00 | 映画

疲労とバイオレンス

2011年3月6日(
疲労とバイオレンス
c0107704_183711.jpg

東京に来て以来、ずっとハードな日々が続いている。まともな休日といものがほとんどなく、毎日朝から夜遅くまで仕事をしている状態。慣れない生活リズムと新しい仕事に体と脳は激しく疲労しているが、その一方で”心”は充実している。これはとてもとても重要なことではるが、ブログの更新が定期的にできなくなっていることは非常に苦しい。しかし、これも現実。今はしっかりと社会生活を営むことが最優先事項であるのであるから、ブログはできる範囲でコツコツやっていこう。

VHS『GONIN』(監督:石井隆)を鑑賞
鬼才石井隆が超豪華キャストを迎えて作り上げたハードバイオレンスをたっぷりと堪能した。もう、大好きな作品。今日は何故か眼帯を付けたたけしが拳銃をぶっぱなすところがどうしても観たいと思ったのだった。ラストシーンが劇場公開時と違う編集になっていたような気がする(記憶では登場人物が遂に全員死んでしまい、たけしと元木雅弘が高速バスの後部座席に沈んだまま、バスが走り出すというラストだったような?)。あと、鶴見信吾と根津甚八が抜群に素晴らしい。とにかく素晴らしい。
まぁ、どちらにしても「映画観たー!」と非常に爽快な気分になり、一日の疲れも吹き飛ぶのだった。


c0107704_151188.jpg『GONIN』(1995年/日本)
監督:石井隆 ★★★
[PR]
by akazami | 2011-03-07 01:56 | 日々のこと