風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

新宿が暗い

2011年3月15日(火)
新宿が暗い
c0107704_285439.jpg

震災の被害が尋常ではないレベルになってきている。死者・行方不明者の数が1万1000人以上という、ほとんど想像のつかない数字であり、被災地の状況を考えると、とてもまともな神経で働くことなどできない。あの日から毎日余震が続き、熟睡ができず、揺れていないのに「体が揺れている」という錯覚まで感じて、一日中”車酔い”しているような状態である。毎日とてつもない絶望感に襲われているが、今夜とてつもない前向きな逆転が起こった。

新宿が暗いのである。
世界中のネオンが集まったようなギラギラしている街が、ものすごく暗いのだ。もちろん停電ではない。多くの店が節電のために店を閉め、営業しつつも電気を落としているのだ。コンビニも居酒屋も営業しているのに、看板のネオンがついいていない。僕は感動した。心底「感度した」。みんなが被災地のために心を一つにして、”行動している”のである。

僕は”日本人であること”そして”日本という国に誇りを持つ”ことを感じ始めている。こんな感情は生まれてはじめてである。この想像を絶する危機に対し、みんながお互いに助け合ってどうにか絶望を乗り越えようとしている。口にはしないかもしれないが、具体的な行動を通してそのことを、みんなが同じ強い意識や連帯を感じているように僕は思える。

そして、世界中の人々がそんな僕たちに驚いている。
世界中が僕らの精神に、たまげているのだ。パニックに陥って当然のような危機的状況の中、日本人の社会の秩序をキープし、冷静な行動に世界が驚いているのだ。

今、日本人が試されている。今、試されている。日本という”国”も僕という”個人”も、今試されている。。僕にも日本にもどうやっても避けられない、完全な正念場がやってきたのだ。ここで簡単に負けるわけにはいかない。僕も日本も。自信と誇りを胸に、世界最高のマナーと連帯をもって闘い、もう一度”表舞台”に名乗りを挙げるのである。
僕らになら、きっとできる。やってやれる。そう、全力でがんばるんだ。


【怒号もけんかもない 「強い国」と越メディア】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110313/asi11031322300003-n1.htm

【「日本には人間の連帯が今も存在している」】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110313/erp11031320280010-n1.htm

【中国、日本人の冷静さを絶賛 「マナー世界一」の声も】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110312/chn11031219080002-n1.htm
[PR]
by akazami | 2011-03-16 03:11 | 時代