風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

シネフィル

2010年12月17日(金)
シネフィル
c0107704_21472596.jpg

僕はシネフィルではない。
シネフィルという言葉がある。映画狂という意味。人よりちょっと多く映画を観ている単なる映画好きや映画の知識が豊富な映画愛好家とはわけが違う。シネフィルとは狂ったように映画が好きで映画に人生を捧げ、病的に映画を観ている人々である。

「僕は60年代のゴダールが好きだなぁ」とか「私のフェイバリットはアンゲロプロスの『霧の中の風景』ね」なんて言っているインテリを気取った大学生などはシネフィルとは呼ばない。ただの映画マニアである。シネフィルとは『断絶』以外のモンテ・ヘルマンの作品ついて嬉々として語ったり、小津ではなく「加藤泰のローアングルは凄い」などと言っている人種である。その映画への愛情は常軌を逸しておりそれはもう狂気ですらある。正しくシネフィル。具体的人物としては蓮貫重彦、黒沢清、青山真治、中原昌也、阿部和重、篠崎誠、松江哲明などなど

「カウリスマキのベスト1を挙げるとしたら、やっぱり『愛しのタチアナ』だな」などと車の中で一人呟く僕は“映画好き以上シネフィル未満”か?
[PR]
by akazami | 2010-12-17 21:49