風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

酒とコーヒーと依存

2010年10月10日(
酒とコーヒーと依存
c0107704_812085.jpg

昨日は仕事終わりで帰って久しぶりにビール飲んだのだが、これがまともに飲めない。350ml缶でもうフラフラである。疲れのせいか、年齢もあるのか、極端にアルコールに弱くなっていた。そして「あまりうまくない・・・」と思った。あれだけ好きだったビールがおいしくないと感じている。これは一体どういうことなのだろう?

昔のある時期完全にアルコール依存症というほどにビールを飲んでいた頃がある。それは本当に病的な量を毎日明るい時間から飲んでいた。嫌な記憶がいっぱいある。飲まずには生活ができなかった。それが今あれほど溺れていたビールを「おいしく」感じないのである。うーん・・・なんなんだだろう?

そのかわり現在の僕は完全にコーヒーに依存している。もう依存症と言っても過言ではない。朝から何杯もホットコーヒー飲み、日中も缶コーヒー1,2本。家に帰ったらずっと寝るまでアイスコーヒー飲んでいる。そしてずっと煙草を吸っている。寝るまでずっとずっとコーヒーだ。まさにジャームッシュの映画『Coffee&sSigarettes』登場人物のように一日タバコとコーヒーを摂取し続けいるのだ。煙草は昔からだが最近なんしろコーヒーがうまい。

酒を飲まないですむのはとてもいいことなのだろう。
僕はなんどもこれで失敗しているから・・・。

2007年始めにも急にビールが飲めなくなった時期がある。それはとても頭がクリアで体もスリムになり、仕事も順調で僕の中でとても”いい時期”だった。酒に逃避することはせず、クリアな脳で現実世界ををサヴァイブしていく。そんな色々な物事がよく見えるサイクルがまたきているのか?

これはこれで・・・悪くない。
[PR]
by akazami | 2010-10-10 08:03