風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしゃれカフェ

2010年9月19日(
おしゃれカフェ
c0107704_10323431.jpg

昨日は東京から大学時代の友人夫妻が家族を連れて遊びに来た。初対面の女の子は怖がりらしく茨城の見知らぬメガネ男を緊張した面持ちで凝視してくる。僕も普段小さな女の子と接するという機会が全くないのでタジタジになる。ウチの黒猫で応対したが反応は薄かった。なかなかの強敵。

夫妻は茨城に来たのだから茨城の名所を味わいたいと考えていたようだが、僕のほうは全く茨城の知識がなくあまりに無案内だったので彼は「茨城人の意味ないじゃん!」としきりに憤慨していた・・・。しかし、地方の人間はその地元に詳しいというのは全くの偏見で、そこに住んではいても好きで住んでいるのでなければ”地域愛”など沸くはずもなく、当然知識もない。これはやはり”愛情”の問題であろう。僕は茨城なんて全然好きではないのだ。

しかし奥さんが事前に情報をネットで調べていたので、我々はつくばの住宅街の隠れ家的カフェに行って来た。ここがすごく素敵な店で「こんな田舎にこんなしゃれたカフェがあるの?」と驚きつつ、これまた最高に素敵なまるで金魚蜂のようなグラスでアイスコーヒーをいただく。

古い田舎の倉のような建物を現代的にアレンジしたシンプルモダンなカフェで、店内のインテリアは僕が大好きな北欧デザインで統一されていて、白い壁とモダンな家具、ジャズな音楽がモダンなスピーカーから静かに流れていた。そこでスコーンというイギリスのお菓子を初めて食べたが、これが劇的においしく、「はっ!」っとなってうなった。スコーンうまい。それは特別なのもではないらしく、大阪の富田林にもあるとのこと・・・、うーん知らなかった。

田舎にも素敵な場所はあるものだ。
完全に都会と西欧に被れている僕は、田舎を少し見直したのであった。
[PR]
by akazami | 2010-09-19 11:12