風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

呉美保の新作

2010年9月5日(
呉美保の新作
c0107704_0234446.jpg

Hanaちゃんという大学の同級生から「『ノルウェイの森』の制作主任やってたんだよー」などというコメントをもらうとホントに嬉しくなる。彼女は才女で『ぐるりのこと。』『ストロベリーショートケイクス』『デトロイトメタルシティ』など良質の日本映画に制作の人間として関わっている。

一時期彼女と仕事していた時期があるがとにかく”仕事ができる女”で、僕ようなへぼADはドジばかりでいつも怒られていた。近いうちに彼女がプロデューサーになってオリジナルな映画作家の作品をたくさん世に送り出す時代がくるだろう(期待している)。

同級生の才女と言えば昨日から公開されている『おかんの嫁入り』を監督した呉美保(オミポ)がいる。山下敦弘君、柴田剛君、寺内康太郎などの大学の同期がドンドン映画監督になっていく中で、小柄な彼女は全くダークフォース的な大穴であった。大学の頃は指しあたって監督として自主映画を作っていたという印象はなく、大学を出た頃は「なんか大林宣彦に弟子入りしたみたいだよ」などと聞いていた。

そんな彼女の大竹しのぶと宮崎あおいという2大女優を迎えて撮った新作『おかんの嫁入り』が昨日から東京で公開されている。前作『酒井家のしあわせ』(まだ未見)に続きまた”家族”テーマにした作品のようだ。
僕自身あまり”家族”というテーマに興味は薄く、精神が個人的で孤独な人間としては
「これかも家族をテーマに映画と作っていきたい」という彼女のインタビューを読むと「へぇ~・・・家族ねぇまぁ大切といえば大切だよねぇ、ふーん」などと思ってしまう。

家族、親子、兄弟・・・う~ん、僕はあまりピンとこないのだ。



『おかんの嫁入り』【公式サイト】
http://www.okannoyomeiri.jp/index.html
[PR]
by akazami | 2010-09-05 01:04 | 映画