風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

原作モノ

2010年8月28日(
原作モノ
c0107704_21514748.gif
今日で長かった1週間が終わった。
ふー。同じ1週間でも前のようなダラダラと無為に過ごす日々ではなく、まともに労働しながらビューンとして過ぎていく感じではあるので週末がくると「やった、お疲れお疲れ」と自分を褒めたくなる。しかし、僕のことだ油断は禁物と気を引き締めながらアイスコーヒーを飲む。

家に帰りMSNで映画の予告編をダラダラと見ている。月に1回くらいのペースで予告編を見たくなるのだが、つい動画を覘きはじめるとあっという間に1時間くらい経ってしまい目が非常に疲れる。YouTubeもそうだが、PCの動画を長時間眺めているとへんに疲れていけない・・・。

しかし、田舎で地味に働いている間に映画は次々に公開されているという事実に改めて驚く。中でも公開される日本映画が、圧倒的に原作モノに覆われていることに「うーん・・・」となる。漫画の原作やテレビドラマの映画化ばっかりで何も観ていないのに”ガックリ”としてしまう。やはり映画製作もビジネスなので知名度があり、ある程度観客動員の確保を期待できるような大コケしない「原作モノ」ばかりになってしまうのか?

これもプロデューサー側からのリスクヘッジだろうが・・・うーんやっぱ面白くない。どうも観たいと思えない。僕はやっぱり監督が自分で”これを撮りたい”と思って作る”オリジナル脚本”の映画を観たいと思う。作家性のある(映画作家の隠し切れない個性が全編を覆っているような)監督の作品が観たい。


北野武、坂本順治、岩井俊二、黒沢清、瀬々敬久などによる”作家性の映画”が乱立した90年代前半のような”ヌーヴェルヴァーグ(新しい波)”はやってこないのか?
[PR]
by akazami | 2010-08-28 22:45 | 映画