風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

コルビジュエのサヴォア邸

2010年8月2日(月)
コルビュジエのサヴォア邸
c0107704_17185671.jpg

僕の尊敬する芸術家の中にル・コルビュジエというフランス人がいる。
彼はミース、ライトと並ぶ20世紀最大の建築家で、また画家でもあり、彼はそれまでになかった「近代建築の五原則」やインターナショナルスタイルを提唱し、今までの装飾で飾られた建築とは正反対の建築、言わば”装飾のない機能美に満ちた建築”を創造した。

彼のデザインした建築(特に住宅)を分かりやすいイメージにすると
無機質で幾何学的な白い箱の家”と言える。
その作品はとにかく美しい!めちゃめちゃ機能美!究極のモダニズム!

コルビュジエは1920年代に多くの住宅作品を残しているが、その中でも特にコルビュジエのモダニズム芸術が極まったのが彼の1929年の代表作『サヴォア邸』である。
僕は29歳の頃友人と一緒にフランスへ旅行した時に、実際のサヴォア邸を見学したことがあるのだが、その時僕はその家のあまりの美しさ絶句し、狂喜乱舞したのをよく覚えている。

宙に浮く白い箱・・・あーこんな家に住めたらどんなにいいだろう・・・。
僕がこっそりと胸に秘める”叶えたい夢リスト”の中に
「お金をいっぱい稼いで、日本にサヴォア邸と全く同じ別荘を建てて、そこに住む」
というのがある。


c0107704_9354340.jpg
【『サヴォア邸』/ル・コルビュジエ/1929年】



(上の写真は「ル・コルビュジエ展」のとき買った分厚い本『ル・コルビュジエの全住宅』)
[PR]
by akazami | 2010-08-02 17:29 | 本の話