風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

チャーリー パーカー

2010年7月28日(水)
チャーリー パーカー
c0107704_631238.jpg
昨日も暑かったー・・・あぁ残暑や酷暑と熱中症。それ怖いナァ・・炎天下の中外で働く人間は大変だと思う。たまに入ったコンビニの中が異常にエアコンが効いていてまさに天国だったさ。

昔東京に住んでた時にはitunesの中に400枚くらいアルバムがデータとして入っていたのだが、引越しの際のバタバタで中の音楽ファイルを全部誤って消去してしまったことがあった・・・(そのときの落胆といったら言葉にならなかった)。それからまたいちからアルバムをコツコツ集めて、今では300枚ちょっとにまで復活しましたよ。

というわけではないですが、昨日あたりからなんだか久々にJAZZのアルバムが聴きたくなり、やっと涼しくなってきた夕方から夜遅くまで哀愁漂うモダンジャズのひと時を・・・。
しかし僕はとりわけジャズに造詣が深いというわけなのではなく、いわゆる巨人たちのものをオーソドックスに聴いています。
チャーリー・パーカー、クリフォード・ブラウン、マイルス・デイビス、オスカー・ピーターソンなどなど。JAZZの聴き方にはいろいろありますが、僕はあくまでバックグラウンド音楽として聴いています。モダンでシックで哀愁が漂うそのような”ムード”は、その場の空間の雰囲気を渋くシックで穏やかでリラックスしたものに変えてしまいます。一番のお気に入りはやっぱりなんと言ってもチャーリーパーカー。もう奇跡的なテクニックからぶっ壊れていた精神世界も含めて大好きなアーティストです。
[PR]
by akazami | 2010-07-28 06:29 | 音楽