風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バロック音楽

2010年7月24日(土)
バロック音楽
c0107704_4563460.jpg
ここ2,3日穏やかなバロック音楽を聴いている。バッハ、ヴィバルディ、ハイドン・・・。僕の音楽を聴く傾向は何かのバイオリズムによって激しく変化するのだが、今は”クラシックモード”にあるらしい。

モーツァルト以降の華やかな近代音楽、実験性溢れる過激な現代音楽などとは違い、バロックの頃はやさしい穏やかなイメージに包まれた宗教音楽なので、頭がぼやっとしていて、ゆるやかなダウナーな感じにある今の僕の気持ちにぴたっとはまり。とっても癒されるのである。

中でもバッハの『平均律クラヴィーア』という2枚組みのアルバムは純粋音楽の極みといった感じで特に好きである。ハープシコードでのみで演奏されるその複雑極まりない旋律の複合体を心を空っぽにして聴いていると、どこかトリップ感覚にはまってきてどこか別の地平に飛んでいけるような感覚に陥る。ヘッドホンで大音量で聴いていると
「あ~純粋音楽よ、音楽よ~バロックよ~・・・気持ちいい~」となる。

バッハはやはり偉大なり
[PR]
by akazami | 2010-07-24 05:22