風見篤史のブログ


by akazami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イタリア映画サントラ音楽

2010年7月8日(木)
イタリア映画サントラ音楽
c0107704_1473272.jpg

90年代前半に渋谷系ブームでイタリア産のサントラ版がいくつか発売されたが、なぜだか今僕の中で激しくマイブームなんです。一番有名なのはやっぱエンリオ・モリコーネでしょうが、ダバダバ、オルガン、スキャットなどおしゃれで小粋度100%なのはなんと言ってもアルコマンド・トロヴァヨーリです

渋谷系の流れで聴いていたのですが、なぜか今は”イタリアシネサントラ病”になってしまっています。元はと言えば”フリパーズ・ギター”の元ネタを聴きたいと思いインターネットでいろいろ調べていたら、60~70年代のイタリアのサントラ版はもっとオシャレで素晴らしいということを知りました。

フリッパーズ元ネタのイギリスのバンド”アズテックカメラ”や”オレンジジュース”などは僕自身あまりピンとこなかったので、モリコーネ、トロヴァヨーリ、ピッチオーニなどが活躍していた60~70年代のラウンジ系コンピレーションにもう夢中です。
ダバダバ~口笛やスキャット、オルガン・・・あぁ・・・元祖渋谷系男子としてはたまらないですね。

この辺位になると渋谷のTSUTAYAでも置いていないので、アマゾンやyahoo!オークションで買わねばならないのが貧乏な僕にとっては少々辛いところです。

作曲家は他にもウミリアーニピッチオーニチプリアーニなどまだまだいます。
そんな訳で今年の夏は60~70代のサントラ、ラウンジ、モンドミュージック全快で走ります!
(ちなみに小沢健二の復活も待ちに待った感じです)
[PR]
by akazami | 2010-07-08 01:19 | 音楽